国語言葉の意味

【慣用句】「身に覚えがある」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「身に覚えがある」の対義語は?

次に「身に覚えがある」の対義語を見ていきましょう。

「身に覚えがない」

「身に覚えがある」は、「自分の行った行為を覚えている」ということでした。反対語としてすぐに頭に浮かぶ言葉は、「身に覚えがない」ではないでしょうか?「身に覚えがない」は、「身に覚えがある」の反対で「自分が行った記憶がない」という意味です。

人の脳はすべてを正確に記憶できるばかりではありません。加齢や記憶障害や飲酒によって記憶が欠落する場合もあります。また、心理的な面から言って忘れたいできごとや自分にとって都合の悪いことは自分の内面を守るためにその記憶を消去したり、書き換えたりすることが起こることもあるのです。ですから「身に覚えがない」は、自分が知覚できる限りにおいて「やってない」と表現したいときに使われる言葉になります。「身に覚えがない」は疑われた人が疑っている相手に返す言葉として、しばしば用いられ「自分は無罪だ」と言いたい時に使われる言葉でもありますね。

「身に覚えがある」の英訳は?

image by iStockphoto

次に「身に覚えがある」の英訳を見ていきましょう。

「to have the memory of having done something oneself」

「身に覚えがある」を英語にするとき動詞で言えば、「remember」(rɪmémbɚ)が最も適切な単語になるでしょう。「remember」は、「思い出す」の他にも「覚えている」「記憶している」の意味を持ちますので、「わたしには身に覚えがある」であれば、「I remember it」となります。

もし、「身に覚えがある」を正確に約した場合には、「to have the memory of having done something oneself」あたりが適切な表現と言えるかもしれませんね。「わたしには身に覚えがある」であれば、「I have the memory of having done it myself」となり、「わたしには、かって自分自身が行った記憶があります」と表現してみてはいかがでしょうか?

「身に覚えのある」を使いこなそう

この記事では、「身に覚えのある」の意味や使い方を見てきました。「身に覚えのある」は、「自分がそのことをしたという記憶がある」という意味でしたね。
自分のしてしまったことが社会的に見ていつも正しいとは限りませんよね。してしまったことはやり直すことはできませんから、もし、してしまったことが誤りであったと自覚したのなら、きちんと反省して二度と繰り返さないためにどうすればよいのか落ち着いて考えてみるのが良いのかもしれませんね。

1 2 3
Share: