雑学食べ物・飲み物

3分でわかるコリアンダーとパクチーの違い!味や香り・栄養や効能・料理や栽培方法の違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではコリアンダーとパクチーの違いについてみていくぞ。どちらもスパイシーな料理に使われ、香りや味の強いイメージがあるよな。違いはずばり「種子か葉」のようだが、状態によって呼び方・味や香りが違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。

今回はそんなスパイシー料理に欠かせないスパイスの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライター熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
kuma55

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:94文字

ざっくりコリアンダーとパクチーの違い

image by iStockphoto

パクチーはタイ料理でよく見かけますが、コリアンダーを知っていますか。実は、パクチーとコリアンダーは同じ植物です。この章では、それぞれの違いについて解説していきます。違いについて知ると、スパイシー料理に興味が湧くでしょう。まずは、ざっくり違いについて紹介していきます。

ID: ↑パーツ内本文:133文字

コリアンダーは種子

コリアンダーは種子で、形は粒上です。種子を乾燥させ、パウダー状にしたものが「コリアンダーパウダー」で、そのままのものは「コリアンダーシード」といいます。何の料理によく使われるかというと、カレーのスパイスです。クセが少なく甘い香りがします。

ID: ↑パーツ内本文:119文字

パクチーは葉

パクチーはの部分で、香りは独特です。エスニック料理や、タイ料理によく使われます。日本の料理には、使われないのでしょうか。香りが強いため、和食との相性は難しくなります。中国名では香菜(シャンツァイ)です。

ID: ↑パーツ内本文:102文字

特徴1:コリアンダーとパクチーの味は?

ざっくりコリアンダーとパクチーの違いを知ると、それぞれの味が気になってきますよね。この章では、味の違いについて解説していきます。食べていなくても味のイメージができるよう、わかりやすく紹介していきますね。

ID: ↑パーツ内本文:101文字

コリアンダーはクセが少ない

コリアンダーは、クセが少ないスパイスになります。辛すぎたり、香りが強すぎたりしません。甘く爽やかで、ほんのりスパイシーです。どんな料理に使われるかというと、カレー・から揚げ・オムレツ・サラダ・クッキーなどになります。扱いやすいため、幅広い料理と相性がよいです。

ID: ↑パーツ内本文:130文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kuma55