雑学食べ物・飲み物

ババロアとムースは固め方に違いあり!材料や作り方、パンナコッタなど他デザートとの違いをデザートのプロがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日は「ババロアとムースの違い」について見ていくぞ。
ババロアとムース、その違いを明確に言えるヤツはいるか?手作りしたいと思っていても、「自分がイメージするものが何というデザートなのか」を認識できているだろうか?今日一緒にこのテーマ学ぶことで「自分が食べたいと思っていたものはこれだ!」と言えるようになるだろう。自分の好みも分かるぞ。
今回は各国から様々なデザートの輸入を手掛ける現役商社マンMIYABIと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/MIYABI

某大手商社の食品部門に勤務する現役営業ウーマン。主にヨーロッパの食材の営業・マーケティングに携わる。デザート・お菓子類はこれまで最も担当年月が長いカテゴリー。商品選定と品質チェックのため毎日のようにデザートを食べている。

「ババロア」と「ムース」の違いは固め方!

image by iStockphoto

一見似ているババロアとムース、その違いは分かりづらいものですね。ですがそれは「固め方」にあると言えます。ここではその固め方の違いとはどのようなものなのかを説明していきますね。

違いは「ゼラチン」の存在とされている

とてもよく似ているデザートのババロアとムース、その違いを一言で表すなら「ゼラチン」の存在です。基本的にババロアもムースも、生クリーム、牛乳、卵、砂糖などを混ぜて冷やし固めて作るというのは共通している点。ですが、ババロアはゼラチンで固めるのに対し、ムースはゼラチンを使用しないのが基本とされ、卵白を泡立てたきめ細かい気泡によってお菓子を作り上げるからです。よって固め方をどのように行うのか、それがふたつを分ける大きなポイントと言えます。

ただしこの違いには、明確な定義はありません。よってババロアとムースの違いについては、実際はかなり曖昧で、現在ではムースにゼラチンが使用される場面も多くなっています。

さらなる違い:ムースは料理でも作られるもの

ババロアとムースにとって、ゼラチン以外にも異なるポイントがあります。それは、ババロアという言葉は基本的にお菓子について使われるものであるのに対し、ムースはお菓子のみならず料理も指すという点です。フランス料理などで「枝豆のムース」などといったメニューを耳にすることはありませんか?反対に料理で「枝豆のババロア」などは見かけないでしょう。このようにムースは、前菜など料理でも提供されるものなのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

なるほど!ババロアとムース、似ているなと思っていたが、その違いはゼラチンで固めているかどうかだったのか。確かにババロアはしっかりと固まっているイメージがあるな。とはいえ明確に違いが定義されているわけではなく、ムース作りにもゼラチンが使用されていることが多いというのも面白いポイントだ。

ババロアはぷるるん食感のクリーミーなデザート

image by iStockphoto

ババロアはぷるるんっとした食感でクリーミーな味わいのデザート。その食感のせいか、何だか5月頃になると食べたくなってしまいます。ここではババロアがどんなデザートなのかをご説明しましょう。

\次のページで「ババロアは元は飲みもの!?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: