趣味雑学

イヤホンとヘッドホンの違いって?選び方や音質の高め方、耳への負担などをオーディオオタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では「イヤホンとヘッドホンの違い」についてみていくぞ。
どちらも音楽を聴くときに使う機器として有名な商品だよな。でもどのような違いがあるのか知っているだろうか。
今回はそれぞの違いやメリット&デメリット、音質向上の方法や人体への影響などをまとめて、オーディオオタクである「けい」と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/けい

かつてイヤホンかヘッドホンを買うかで、1週間以上考え抜き購入。そのときの知識や経験を今回提供していく。

イヤホンとヘッドホンの特徴を知ろう

image by iStockphoto

それでは、イヤホンとヘッドホンの特徴について解説していきます。

イヤホン→耳穴をふさぐ

イヤホンは耳の穴を直接的に塞ぎ音楽を楽しむことができる機器です。音が直接的に耳の内部へ伝わることで閉鎖的な空間を感じることができるため、勉強などの集中したい状況では活躍するでしょう。

ヘッドホン→耳全体をふさぐ

ヘッドホンは耳全体(耳介)を覆い音楽を楽しむことができる機器です。耳介にはあらゆる方向からの音を集める役割があり、ヘッドホンから出力される音を多方向から感じ取ることができるため、臨場感を楽しむことができます。

骨伝導イヤホンって?

最近では「骨伝導イヤホン」と呼ばれるものが販売されていますね。

骨伝導イヤホンは側頭骨の一部である乳様突起と呼ばれる部位に振動を与えて、内耳に音を伝えます。従来のイヤホンやヘッドホンと違い耳を覆うことはありませんので、外部の音が聞こえやすいでしょう。しかしノイズにも弱く、周囲の環境音が大きければ聞こえにくいという特徴もあります

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

あまり知られてはいないが、実際の医療現場において「骨導聴力検査」という検査がある。方法は骨伝導イヤホンと同じように、乳突部に専用のヘッドホンをつけて聴力を測定する検査だ。だから骨伝導が人体への悪影響ということはないぞ!

より臨場感を求めるのであればヘッドホンを、高音までを繊細に楽しみたいのであればイヤホンがオススメですが、実際は使う人の好みによって変わってくるでしょう。購入時に検討するべき点は音質のほかに「使用用途」です。「いつ」「どのような状況」のときに使用するのかを十分に吟味して選択することが良いでしょう。

イヤホンとヘッドホンのメリット&デメリット

今度はイヤホンとヘッドホンのメリットとデメリットをそれぞれみていきましょう。

イヤホンのメリット

まず、イヤホンのメリットとしては以下の通りです。

・持ち運びしやすい

・高音が繊細に聞こえる

・装飾品や髪型の崩れが気にならない

一番大きな点は持ち運びしやすく、どのような状況下でも使用できることでしょう。また、重さも軽くヘッドホンと比べると長時間使っても疲れにくいのも利点です。眼鏡やピアスなどと併用しても邪魔になりませんし、髪型の崩れも気にする必要がない点は魅力的と言えるでしょう。

イヤホンのデメリット

反対にイヤホンのデメリットについてです。

\次のページで「ヘッドホンのメリット」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: