この記事では「頭を集める」について解説する。

端的に言えば「頭を集める」の意味は「多人数が寄り合う」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んです。一緒に「頭を集める」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「頭を集める」の意味をわかりやすく伝える。

「頭を集める」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 69091839

それでは早速「頭を集める」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「頭を集める」の意味は?

「頭を集める」には、次のような意味があります。

多人数が寄り合う。鳩首(きゅうしゅ)する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「頭を集める

人々が寄り集まって、額をつきあわせて相談すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鳩首

「頭を集める」は「かしらをあつめる」と読み、多くの人数が集まる際に使用する言葉です。「頭数をそろえる」(あたまかずをそろえる」などと混同しそうですが、「あたまをあつめる」とは読みませんので注意しましょう。

また「鳩首」も見慣れない漢字ですが、しっかり読めるようにしておくと良いと思います。念のため意味も上記しておきましたが、このように「頭を集める」は厳密には、「ただ集まる」という意味と、「集まって相談する」という2つの意味があることも覚えておきましょう。

「頭を集める」の語源は?

次に「頭を集める」の語源を確認しておきましょう。「頭を集める」の語源は明確ではありませんが、2つの単語がくっついた言葉ですから、それぞれの意味を確認してみます。

まず「頭」については、ここでは物理的な身体器官としての「あたま」の意味です。「頭(かしら)」には「一団の人々を統率する人。統領。特に、鳶職(とびしょく)・大工・左官など職人の親方。」という意味もあるのですが、「頭を集める」にはそのような意味は含まれていません。

次に「集める」については、「多くの人や物を一つところにまとめる。」の意味ですね。

そのため「頭を集める」は純粋に「多くの人が集まっている状況」が語源となっていると考えられ、丁寧に言い回すと「(身体器官としての)頭を多く1つのところにまとめる」となることがわかります。

「頭を集める」の使い方・例文

「頭を集める」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「頭を集める」の類義語は?違いは?」を解説!/

1. 管理職や責任者、その候補となる人材を、業界や地域一帯から頭を集めてその企業へ集合させよ。

2. 頭を集めて商店街の活性化策を考えたのだけど、単に情報発信や広告提供すれば良いというわけでもないしね。

3. 健太くんはグーグルのサービスに目をつけ、今後の日本での対応策や必要となるビジネスについてメンバーと頭を集めた

例文の1と2は「集まる」という行為や状況のみを示しており、例文3は「相談する・会議する」という行為が加わっていることがわかります。このように2つの意味を有していますが、ただし前者の意味でも大体が「相談する」や「話す」といった言葉とセットで使用されますから、2つの意味を取り違えても大意に問題はありません。

「頭を集める」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 74660768

それでは次に、「頭を集める」の類義語を3つほどピックアップしましたので、見ていきましょう。

1. 「相談」

今回ご紹介する最初の類義語が「相談」(そうだん)です。口語でも良く使用される言葉ですが、念のため国語辞書で意味を確認しておきましょう。

問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること。また、その話し合い。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「相談

このように「相談」は「話す」という意味で「頭を集める」の類義語となっています。ただし「頭を集める」にあったような「大人数」というニュアンスはありませんので注意しましょう。

\次のページで「2. 「額を集める」」を解説!/

2. 「額を集める」

次にご紹介する類義語が「額を集める」(ひたいをあつめる)です。こちらも意味を確認しておきましょう。

顔を寄せ合って相談する。集まって相談する。鳩首する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「額を集める

「額を集める」は「顔を集める」とほぼ同じ意味であることがわかりますね。ただし「顔を集める」にあった「ただ集まる」や「大人数」というニュアンスは少なく、「複数人で相談する」というニュアンスが強い言葉となっています。

3. 「膝を交える」

最後にご紹介する類義語が「膝を交える」(ひざをまじえる)です。こちらも意味を確認しておきます。

親しく同席する。うちとけて語り合う。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「膝を交える

「膝を交える」は「頭を集める」と比較すると、「相談する」という意味は近いですが、「親密さ」が強い言葉となっています。親しい相手柄や、意気投合した相手と話している際に使用すると良いでしょう。

「頭を集める」の対義語は?

さて、同義語の次は対義語(反対語)を見ていきましょう。

\次のページで「「各自」」を解説!/

「各自」

「頭を集める」の対義語としては「各自」が挙げられるでしょう。意味としては「それぞれの人。めいめい。おのおの。」ですから、「集まる」という意味の対義関係にあることがわかりますね。

その他「てんでに」や「面々」など、類義語は多くありますから、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

「頭を集める」の英訳は?

image by PIXTA / 41885440

最後に、「頭を集める」を英訳するとどうなるかを見ていきましょう。

「put head together」

「頭を集める」を英語で言い回す場合、「put head together」が挙げられるでしょう。意味としては「額を集める」、「集まって解決のために相談する」ですから、「頭を集める」のうち「相談する」というニュアンスが強い言葉です。なお「put」の代わりに「get」を使用することもあります。以下に例文を見てみましょう。

・Let's put the heads of all the HR people together in a meeting at the facility in order to attract people who can meet the global standards.

世界基準で通用する人材を集めるため、人事関係者の頭を施設に集めて会議しよう。

・In order to introduce recommendations to users, we put our heads together and pointed out to each other the concept of inappropriate service at a nearby Chinese restaurant.

ユーザーにおすすめを紹介するため、近所の中華料理屋で不適切なサービスの考え方を頭を集めて指摘し合った。

・I've been getting heads together to go over the outline of the company introduction, but I'm having trouble getting different positions and business managers to say the same thing.

頭を集めて会社紹介の概要を検討したけど、役職や事業担当者によって言うことが違って困ってるんだ。

「頭を集める」を使いこなそう

この記事では「頭を集める」の意味・使い方・類語などを説明しました。簡単に復習しておきましょう。

「頭を集める」は多くの人数が集まる際に使用する言葉でした。ビジネスシーンでも日常生活でも、本当に困ったことがあれば「各自」で考えても限界がありますから、早急に「頭を集めて」解決策を練ることが大事ですよね。

" /> 【慣用句】「頭を集める」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「頭を集める」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

この記事では「頭を集める」について解説する。

端的に言えば「頭を集める」の意味は「多人数が寄り合う」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んです。一緒に「頭を集める」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「頭を集める」の意味をわかりやすく伝える。

「頭を集める」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 69091839

それでは早速「頭を集める」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「頭を集める」の意味は?

「頭を集める」には、次のような意味があります。

多人数が寄り合う。鳩首(きゅうしゅ)する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「頭を集める

人々が寄り集まって、額をつきあわせて相談すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鳩首

「頭を集める」は「かしらをあつめる」と読み、多くの人数が集まる際に使用する言葉です。「頭数をそろえる」(あたまかずをそろえる」などと混同しそうですが、「あたまをあつめる」とは読みませんので注意しましょう。

また「鳩首」も見慣れない漢字ですが、しっかり読めるようにしておくと良いと思います。念のため意味も上記しておきましたが、このように「頭を集める」は厳密には、「ただ集まる」という意味と、「集まって相談する」という2つの意味があることも覚えておきましょう。

「頭を集める」の語源は?

次に「頭を集める」の語源を確認しておきましょう。「頭を集める」の語源は明確ではありませんが、2つの単語がくっついた言葉ですから、それぞれの意味を確認してみます。

まず「頭」については、ここでは物理的な身体器官としての「あたま」の意味です。「頭(かしら)」には「一団の人々を統率する人。統領。特に、鳶職(とびしょく)・大工・左官など職人の親方。」という意味もあるのですが、「頭を集める」にはそのような意味は含まれていません。

次に「集める」については、「多くの人や物を一つところにまとめる。」の意味ですね。

そのため「頭を集める」は純粋に「多くの人が集まっている状況」が語源となっていると考えられ、丁寧に言い回すと「(身体器官としての)頭を多く1つのところにまとめる」となることがわかります。

「頭を集める」の使い方・例文

「頭を集める」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「頭を集める」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: