イタリアヨーロッパの歴史世界史

ルネサンスを代表する万能の人「ミケランジェロ」とはどんな人?才能あふれる生涯について元大学教員が5分で解説

よぉ、桜木建二だ。ミケランジェロ・ブオナローティは、イタリアルネサンスの全盛期に活躍した歴史的に有名な芸術家の一人。彫刻家、画家、建築家、詩人、社会活動家として活躍した。彼が制作した作品が美術館や博物館で展示されると、世界中から多数のファンが殺到する。代表作はピエタとダヴィデ像だが、ほかにも多数。

ミケランジェロは、西洋美術史の全ての芸術家に多大なる影響を与えているため、教科書で関連する情報を目にすることは多いだろう。そんなミケランジェロの生涯や名画や天井画などの作品について解説していこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hikosuke

ライター/ひこすけ

アメリカの文化や歴史を専門とする元大学教員。仕事でイタリアに行く機会が多く、フィレンツェやローマは大好きな観光地の一つ。時間がある限り大聖堂や礼拝堂などの聖母像を見て回っている。そこでイタリアのアートを代表する存在のミケランジェロについて調べてみることにした。

ID: ↑パーツ内本文:130文字

ミケランジェロとはどのような芸術家?

image by PIXTA / 77998904

ミケランジェロの本名はミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ。1475年3月6日に生まれ、1564年2月18日に亡くなりました。亡くなったときの年齢は88歳。当時としてはかなりのご長寿でした。

ID: ↑パーツ内本文:107文字

さまざまな種類の作品を作った万能の芸術家

ミケランジェロが活躍したのはルネサンス期のイタリア。ミケランジェロの芸術家としての肩書は多岐に渡ります。ざっと触れると、彫刻家、画家、建築家、詩人、社会活動家など。西洋美術の歴史のあらゆる側面に影響を与え、ルネサンス期を代表する作品を数多く制作しています。

そんな多才なミケランジェロですが、彼自身が力を入れていたのは彫刻。それ以外の分野の作品は制作しているものの、数はそれほど多くありません。それにも関わらず歴史的に重要な作品と位置づけられています。ルネサンス期の理想とされたのは「万能」であること。そんな万能性を象徴する人物の一人がミケランジェロです。

ID: ↑パーツ内本文:279文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

書簡や回想などから生涯が詳細に分かる

ルネサンス期には歴史的に重要な人物がたくさんいますが、詳細が分からないことが多数です。しかしながらミケランジェロについては書簡、回想、スケッチなどが残存。そのため幼少期から晩年に至るまでミケランジェロの人生の詳細が把握することが可能となりました。

また、当時としては珍しく、生きているあいだに伝記が出版されたことでも知られています。西洋美術家としては初の快挙。それだけ当時のヨーロッパで際立った存在だったのでしょう。ミケランジェロが登場する伝記のひとつがジョルジョ・ヴァザーリ『画家・彫刻家・建築家列伝』。芸術家の頂点に君臨していると大絶賛されています。

ID: ↑パーツ内本文:278文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ミケランジェロの万能性は当時も高く評価されていた。当時のあだ名はなんと「神から愛された男」。ヨーロッパの知識人や芸術家ら尊敬のまなざしをうけていたようだ。実際、ミケランジェロの作品はそのごのヨーロッパの美術史や芸術史に影響を与え続ける。

ID: ↑パーツ内本文:118文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke