IT・プログラミング雑学

3分でわかるダウンロードとインストールの違い!アプリや音楽はどちらで入手するの?類語についても現役Webディレクターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事では、「ダウンロード」と「インストール」の違いについてみていくぞ。どちらもパソコンやスマホでデータを取り扱うときに使われるイメージがあるな。似たような場面で見かける言葉ではあるが、実は明確な違いがある。今回はそんな2つの用語の違いを、それぞれの意味や用例を確認しつつ、現役Webディレクターでもあるライターのサイトウマサヒロと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/サイトウマサヒロ

Webディレクターや会員制Webサービスの運営業務を行なっている会社員。プライベートでもSNSや動画配信サイト漬け、週末はもっぱらアイドルやバンドのライブ三昧。

ダウンロードとインストールの意味・違い

image by iStockphoto

パソコンやスマホを使っているとしばしば目につく、「ダウンロード」と「インストール」という言葉。一見して意味が予想しづらいカタカナ語のため、どちらも同じような意味でしょ?と思っている人も少なくないかもしれません。

今回はそんなややこしい用語の違いを、IT初心者でも理解できるようわかりやすく解説していきます。

ダウンロード=データを転送して保存

ダウンロードとは、インターネットなどのネットワークや通信回線を通して、データをコンピューターに転送すること。他のコンピューターやウェブサイト上にあるファイルを、自分のパソコンにコピーすることです。

少し難しいので噛み砕いて説明すると、「データを保存すること = ダウンロード」となります。

インストール=ソフトを追加して使える状態にする

一方、インストールとは、ソフトウェアやアプリケーションを、コンピューターに追加して、使用できる状態にすること。「インストーラー」と呼ばれるプログラムを使って、ソフトを起動できるようにセッティングをすることです。

こちらも一言で説明すると、「ソフトを使える状態にすること = インストール」と言えます。

ダウンロードは保存、インストールは使える状態にすること

ダウンロードは保存すること、インストールは使える状態にすること、といった違いがあることがわかりましたね。

ダウンロードとインストールの関係は、スーパーでのお買い物と料理の関係に似ていると言えます。

スーパーで豚肉を買っても、そのまますぐに食べることはできないですよね。豚肉を食べるために、家にある調理器具や調味料を使って、食べられるように調理する必要があります。

ソフトウェアも同じで、ダウンロードしたそのままでは使えないので、コンピューターの中で設定や準備をしないといけないのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

それぞれの言葉の意味と違いがよくわかったな。それでは、俺たちが普段パソコンやスマホを使っている時、どのようにダウンロードやインストールが行われているのか、実際の例をみていこう。

\次のページで「ダウンロードとインストールの使用例」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: