現代社会

3分で簡単「吉田茂」生い立ちや数々の解散・サンフランシスコ平和条約などを歴史好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は、戦後の日本を復興させる道筋を作った政治家、吉田茂について学んでいこう。

彼の生い立ちや数々の衆議院解散劇、それに彼の集大成ともいえるサンフランシスコ平和条約について、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

趣味はスポーツ観戦や神社仏閣巡りなどと多彩。幅広い知識を駆使して様々なジャンルに対応できるwebライターとして活動中。

政治家になる前の吉田茂はどのような人物だったのか

image by iStockphoto

個性的な言動で戦後の日本を牽引した吉田茂。果たして政治家になる前はどのように過ごしたのでしょうか。

養子の身から東大へ

1878(明治11)年、東京で元土佐藩士の実業家、竹内綱の五男として吉田茂は生まれます。竹内は炭鉱や鉄道などの経営に尽力し、衆議院議員も務めた人物です。しかし、茂の母親の身元は現在でも特定されていません。

茂は3歳のときに竹内の親友で実業家の吉田健三の養子となりました。11歳のときに養父は亡くなり、巨額の遺産を手にするのですが、養母のもとで茂は厳しく育てられます。そのかいもあり、茂は学習院高等学科(現在の学習院大学)と東京帝国大学法科大学(現在の東京大学大学院)を卒業しました。

外交官として活躍

大学を卒業した吉田茂は、外交官試験を受けて合格。しかし、欧米勤務が出世コースとされる風潮で、吉田はまず中国の領事館に勤務することとなりました。その後、イギリス大使なども経験しましたが、外交官としてのキャリアの大半を中国で過ごすことになります。

外務次官などを務めたのち、1939(昭和14)年に外務省を退官。その後は戦争終結に向けての外交工作に奔走しましたが、1945(昭和20)年軍部によって逮捕されました。約40日間拘留される事態となったのですが、戦後にマッカーサーが吉田を懇意にするなど、その経験が生きることになったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「日本の統計が正確だったら無茶な戦争などしない」「君たちとは食い物が違う、人を食っているのさ」など、奇想天外な発言の多かった吉田茂。「黙って聞け、外套(がいとう)を着るから街頭(がいとう)演説なんだ」「大磯は暖かいのですが私の懐は寒うございます」といった発言もしているぞ。ユーモアがある人だったのだ。

終戦から吉田茂が総理大臣に就任するまで

image by iStockphoto

戦時中は外交に尽力した吉田茂ですが、当時の彼は政治家ではありませんでした。そんな彼が、なぜ戦後の日本を託される政治家となったのでしょうか。

外務大臣として入閣

日本国憲法下の現在でも、国会議員以外の者が大臣に任命されることがあります。戦前の吉田茂も、外交手腕を買われて外務大臣に推されたことがありました。しかし、軍部が停戦工作に動く吉田の就任を阻んだとされます。

終戦後、吉田は東久邇宮稔彦王内閣の外務大臣として迎えられました。それが吉田の政治家としての第一歩となります。続く幣原喜重郎内閣でも外相となり、終戦直後における日本の外交を一身に引き受けたのです。それと同時に、勅命のみで選挙を必要としない貴族院議員にも選出されました。

\次のページで「選挙未経験で総理総裁に」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: