雑学食べ物・飲み物

刺身とお造りの違いは盛り付け方にあった!?語源やスーパーでの違い、たたきとの違いもグルメ好きが分かりやすくわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。この記事では刺身とお造りの違いについてみていくぞ。2つともどちらも生の魚を切り身にしたもので醤油をつけて食べるイメージがあるよな。違いはずばり盛り付けにあるようだが、昔は両者の違いは地域での呼び方だったようだ。
今回はそんな刺身とお造りの語源やたたきとの違いについても、グルメ好きのライター食いしん坊主婦と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/食いしん坊主婦

食べることが大好きな主婦。美味しいものには目がなく、食べ物関連のことを調べるのも好き。大食いの人達のように、たくさん食べられてなおかつ太らない体になりたいと思っている。

刺身とお造りの違いは盛りつけ方にあった!?

image by iStockphoto

新鮮なほど美味しいお刺身。鯛、サーモン、まぐろ…醤油とわさびをつけてパクリ。想像するだけでよだれが出ちゃいますね!だけどお造りも一見刺身と何ら変わりがないように見えるのに、違いはあるのでしょうか。実は刺身とお造りの違いは、盛り付け方にありました。

シンプルな盛り付けが刺身

刺し身は魚介類を薄く切ったもので日本醤油などをつけて食べる、代表的な日本料理のひとつですよね。私も大好きです。そして刺身は飾り付けや添え物もあまりなくシンプルに並べて盛り付けたものを指すよう。ちなみに刺身は魚介類だけではなく、肉やこんにゃくといったちょっと変わった刺身もありますね。

豪華な盛り付けがお造り

一方お造りは切り身を豪華に盛り付けたもの。「造る」という言葉から連想できるように、千切りにした大根や大葉などの添え物や何種類かの切り身を合わせたり、お頭付きだったりとシンプルな刺身より盛り付けに手が込んでいるようです。お造りは見た目も楽しめる料理と言えるでしょう。尾頭付きなんて出てきたら、心躍ります!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

刺身とお造りの違いは盛り付け方の違いであることが分かったな。現在ではそのような違いがあるが、昔は同じ切り身のことを指していたようだ。では、次は刺身とお造りの語源についてみていくぞ。

刺身とお造りの語源はどう違う?

image by iStockphoto

日本料理の原型ができたと言われる室町時代。刺身やお造りはどちらももともと一つで「切り身」と呼ばれていたそう。現在のように、盛り付け方による違いではなかったのです。どのように「刺身」と「お造り」と呼ばれるようになったのか、気になりますよね。

\次のページで「関東で生まれた呼び名が刺身」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: