幕末現代社会

幕末を描いた長編小説「夜明け前」のあらすじとは?作者や時代背景まで現役会社員ライターが徹底解説!

よぉ、桜木健二だ。今回解説する「夜明け前」という小説は、詩人でもある島崎藤村が幕末の木曾街道を舞台に激動の幕末と、主人公半蔵の人生を追った長編小説だ。「木曾路は全て山の中にある」という書き出しも有名だ。今回はこの小説の時代背景から主人公の役目である駅長(うまやのおさ)の役目、本編あらすじまでを会社員ライターのけさまると一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/けさまる

普段は鉄鋼系の事務をしながら、大学時代の人文学科での経験を生かして執筆活動に取り組む。学生時代の研究テーマはイスラームについて。

ID: ↑パーツ内本文:64文字

物語の舞台とは?

image by iStockphoto

舞台は幕末から明治初期までの木曽街道。現在の岐阜県にかかる江戸と京都を結ぶ山中の街道が舞台です。

ID: ↑パーツ内本文:48文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

舞台は幕末の木曾街道

木曾街道は139里(550㎞)に及び、その中に木曾路をはじめとするいくつもの山道や峠がある難所でした。こうしたところには街道を進むために人や馬を手配する宿が各所に存在していました。この街道を通るのは庶民の交通路としてもですが、主に参勤交代に向かう大名たちの交通路でした。物語に登場する馬籠宿や妻籠宿は現在も伝統的な景観を保ち、観光地として整備されています。

ID: ↑パーツ内本文:178文字

参勤交代・旅人を支える本陣・問屋場

image by iStockphoto

木曾街道のように幕府から宿場町として定められると、本陣・問屋場が設置されました。本陣とは大名が参勤交代の際に利用する宿舎のことで、幕府公認の旅館ともいうべき存在でした。そして大勢の人員と大量の荷が街道を抜けるには人員と馬をこうした宿場で手配する必要がありました。このときに活躍するのが問屋場です。ここで、街道を通る際の人馬を手配し、足りなければ周囲の農村(助郷)に頼んで不足を補う仕組みになっていました。

ID: ↑パーツ内本文:202文字

作者の島崎藤村とは?

The graduation of Meiji Gakuin in 1891.jpg
明治学院 – 高谷道男著『ヘボンの手紙』有隣堂P.174, パブリック・ドメイン, リンクによる

藤村は明治5年筑摩県馬籠村(現在の岐阜県中津川市)に、物語と同じく本陣・問屋・庄屋を兼ねた旧家に生まれました。明治学院の普通科を卒業すると明治女学校、東北学院で教鞭をとりつつ、文学界では浪漫派詩人、自然派散文家として活躍しました。

ID: ↑パーツ内本文:115文字

島崎藤村の活躍した時代

明治時代の近代小説は主に浪漫主義自然主義に大別されることが多いと言えます。浪漫主義小説は感情に優位性を置き、自我の尊重や、封建道徳からの解放を主張するものでした。代表作として森鴎外の「舞姫」など。また、デビュー当初の藤村が刊行した「若菜集」もこれに含まれます。やがて、明治30年代になると人間社会の現実をありのままに表現する自然主義が確立。代表作は島崎藤村の「破壊」や田山花袋の「蒲団」が挙げられます。「夜明け前」歴史小説として高い評価を受けていますが、同時に自然主義小説であるとも言えるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:251文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: