暮らし雑学

コーヒーカップとティーカップの違いって何?マグカップは?高さや特徴・兼用できるかについてカフェ巡り好きライターが解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事ではコーヒーカップとティーカップの違いについてみていくぞ。

どちらもコーヒーや紅茶を飲むときに使う食器というイメージがあるよな。違いはずばりカップの厚みと飲み口の広さのようだが、そのほかにも高さやデザインなどの違いがあることが調べてみてわかった。

今回はそんな2つの違いを、カップの特徴から確認しつつ、カフェ巡り好きライター平いずみと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/平 いずみ

刺しゅう作家兼ライター。休日のカフェ巡りが趣味。今回はその経験を活かして執筆する。

ID: ↑パーツ内本文:41文字

コーヒーカップとティーカップの大まかな違いとは?

image by iStockphoto

普段みなさんはコーヒーや紅茶をいれて飲むときにどのような器で飲んでいますか。紙コップや手近にあるものを使っているという方も多いかもしれません。しかし、それぞれ専用のカップで飲むと、もっと美味しくなると言われています。

では、コーヒーカップやティーカップにはどのような違いがあるのでしょうか。いまから解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:159文字

コーヒーカップは分厚くて口の開きが小さい

コーヒーカップは分厚くて口の開きが小さく、筒型をしています。これはコーヒーを冷めにくくし、保温するため。というのも、コーヒーの抽出温度は約90度と若干低めだからです。そのため、カップの形状を工夫して温かさを保つようにしています。

ID: ↑パーツ内本文:114文字

ティーカップは薄くて口の開きが大きい

一方で、ティーカップは薄くて口の開きが大きくなっています。なぜなら、紅茶をいれる温度と関係しているからです。紅茶は沸騰した約100度のお湯でいれるため、そのまま飲もうとすると熱すぎて飲めません。そのため、飲み口を広くして、適温まで温度を下げて飲みやすくするための工夫がされています。

ID: ↑パーツ内本文:141文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

コーヒーカップとティーカップの形が違うのはきちんとした理由があったとは。いままで器を気にせず飲んでいたが、これからは専用のものを使うとさらに美味しく飲めそうだ。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

背の高さに違いはある?ない?

コーヒーカップとティーカップは形状が違うことがわかりましたが、高さに関してはどうでしょうか。解説します。

 

ID: ↑パーツ内本文:60文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: