地学地球大気・海洋物理物理学・力学理科電磁気学・光学・天文学

3分で簡単大潮と小潮!そのメカニズムは?漁業との関係とは?理系学生ライターが徹底わかりやすく解説!

潮回りとは?

image by iStockphoto

最後に、潮回りについて説明します。潮回りの概念は、今回の記事のキーワードである『大潮』および『小潮』に深い関わりのある用語です。潮回りとは、潮の満ち引きにおける潮位差の変化のことを指します。潮回りの状態は5つに分類され、それぞれ大潮中潮小潮長潮若潮と表現されますよ。

大潮と小潮は先ほど説明した通りです。また、中潮は大潮と小潮の丁度真ん中くらいの時期のことを指します小潮が終わり、大潮へと近づいていくタイミングのことを長潮・若潮の順で表すこともありますよ。これらの用語は漁業に従事する人々の間で頻繁に使われています。

大潮と小潮について学ぶ意義

この記事では、潮の満ち引きの基礎知識の解説からはじめて、大潮と小潮について説明をしました。最後には、潮回りについても述べましたよね。また、漁釣りやマリンスポーツを楽しむ際にも、これらの概念が役に立つことを述べました。

島国である日本では、大潮や小潮などの考え方は人々の生活の中に自然と根付いているものですが、学問的な視点で考察する機会は多くはありません。ぜひ、この機会に大潮と小潮について深く学んでみてください。

1 2 3 4
Share: