国語言葉の意味

【慣用句】「眉を曇らせる」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

「微笑ましい」

「眉を曇らせる」の対義語として「微笑ましい」(ほほえましい)が挙げられるでしょう。意味は「思わず微笑したくなるさま。ほおえましい。」ですから、対義関係にあることがわかりますね。

なお「笑う」という表情が対義関係にありますが、「眉を曇らせる」は「やや」「少し」の「不快」さを表す言葉ですから、「微笑む」くらいの程度が対義語としては適切かと思います。

「眉を曇らせる」の英訳は?

image by PIXTA / 63598385

最後に、「眉を曇らせる」を英訳するとどうなるかを見ていきましょう。

「frown」

「眉を曇らせる」に近い英語は「frown」と言えるでしょう。「frown」は「しかめっ面」や「難しい顔をする」、はたまた「威圧的な顔をする」など、不快な表情に関して幅広く表現できますが、基本的には「やや」「少し」不快である際に使用します。以下に例文を見てみましょう。

・”It’s easy to see the keywords in the list, but it’s not so easy to search and see the results,” his boss frowned.

「キーワードが一覧になって見やすいのだけれど、肝心の検索性や表示の見やすさがちょっとね」と上司は眉を曇らせた

・The weekly rankings for smartphone apps are dropping, and as a developer, I’m frowning on it every day.

スマホアプリの週間ランキングが落ちていて、開発者としては眉を曇らせる毎日だよ。

・The reason why I was frowning was because I couldn’t understand what was being presented using only certain terms and phrases specific to the industry.

僕が眉を曇らせていたのはね、業界特有の特定の用語や語句ばかり使ってプレゼンされても意味がわからないからだよ。

「眉を曇らせる」を使いこなそう

この記事では「眉を曇らせる」の意味・使い方・類語などを説明しました。簡単に復習しておきましょう。

「眉を曇らせる」は心配することや不快な出来事があったりした際に顔をしかめる際に使用する言葉でした。ビジネスシーンでも日常生活でも、少しの心づかいや気遣いで相手の「眉を曇らせる」場面をできる限り少なくすると、「微笑ましい」ことが増えて生活や暮らしが豊かになるかもしれませんね。

1 2 3 4
Share: