雑学食べ物・飲み物

中華そばとラーメンの違いは時代による呼び方だった!?ラーメンの語源や志那そばとの違いについてもグルメ好きが分かりやすくわかりやすく解説

支那そばは何が違う?

お店によっては支那そばとも呼ばれていますが、こちらも呼び方が違うだけなんです。支那そばは実は中華そばの前に呼ばれていた名称。中国=chinaということから、中国が支那(しな)と呼ばれるようになると『南京そば』も『支那そば』へと呼び方が変化したそうです。戦後に中国を支那と呼ぶことが自粛されるようになり、先述した『中華そば』という呼び方が定着したと言われています。『支那そば』は戦前『中華そば』は戦後に麺類が伝わった地域とされており、地域によっては『支那そば』のまま呼ばれているんですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

支那そばも、呼び方が違うだけで同じものであることが分かったな。支那そば、中華そばとラーメン一般的にはどれも同じものを指すようだが、お店によっては区別しているところもあるみたいなんだ。次は、お店での中華そばとラーメンのについてみていくぞ。

中華そばとラーメン、お店によって区別されることもあり!?

image by iStockphoto

中華そばとラーメンは呼び方が違うだけで明確な区別はないとお伝えしましたが、実は区別しているお店もあります。それは中華そばとラーメンを両方取り扱っているお店。スープに差をつけてあっさり系が中華そば、こってり系がラーメンとし、その他トッピングなどでも差をつけている場合があるようです。だけど確かにとんこつや味噌などのこってり系ははラーメン、中華そばは醤油などのあっさり系のイメージがありますよね。こってり系を中華そばとして提供しているお店はまだ見たことがないかもしれません。

中華そばとラーメン、どちらも歴史を感じながら味わおう

中華そばとラーメンは明確な違いはなく、どちらも同じものを指すことが分かりました。時代によって呼び分けるのであれば、中華そばの方が昔ながらのという雰囲気はありますよね。今や全国各地に注目のラーメンがあるほど。横浜中華街で中国本場の拉麺(ラーメン)を味わうも良し、物産展などで北海道や福岡などのご当地ラーメンを味わうもよし、お店ならではの中華そばとラーメンの違いを味わうも良し。歴史を思いながらいだだけば、いつもより味わい深く感じるかもしれませんね。

1 2
Share: