現代社会

3分で簡単「大正ロマン」その定義とは?生まれた時代背景や活躍した芸術家などを歴史好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は、現在でも建築などでその影響が見られる大正ロマンについて学んでいこう。

大正ロマンの定義やそれが生み出された時代背景、活躍した画家や作家などを、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

趣味はスポーツ観戦や神社仏閣巡りなどと多彩。幅広い知識を駆使して様々なジャンルに対応できるwebライターとして活動中。

大正ロマンが生まれた時代背景は?

image by iStockphoto

最初に、大正ロマンが生まれた時代背景はどのようなものだったのでしょうか。それには、大正という時代の特殊性にあるともいえます。

明治と昭和に挟まれる大正

映画や小説などで「大正ロマン」という言葉をよく聞くのではないでしょうか。その言葉1つとっても印象的といえる大正時代ですが、実はごく限られた期間でしかないことを意外に感じる人もいるでしょう。大正時代とは、1912年から1926年までの約14年と5ヶ月間を指します。

大正の前後にある明治と昭和はそれよりも長く、明治は45年、昭和に至っては64年までありました。それらと比べれば大正は短いのですが、「大正ロマン」という言葉があることからもわかる通り、大正という時代に憧憬ともいえる感情を持つ人が多いのも事実です。そうなったのも、大正が明治と昭和の狭間にあることが理由の1つであるともいえるでしょう。

近代化への道を歩む明治

1867(慶応3)年の大政奉還により武家政治が終了し、翌年に明治天皇が即位して明治時代が始まりました。江戸は東京と名前を改められ、天皇を中心とした国家構築が始まったのです。大日本帝国憲法が制定され、帝国議会を置いたことにより、日本も近代国家としての道を歩むことになります。

人々の生活も、文明開化により大きく習慣が変わりました。西洋の文化を取り入れたことにより、この頃からさらに生活様式が多様化しています。しかし、1894(明治27)年の日清戦争と1904(明治37)年日露戦争により、社会に暗い影を落とすこととなったのでした。

終戦と経済成長の昭和

1926年の昭和天皇即位で昭和の時代は始まるのですが、昭和の初期は日本も世界恐慌に巻き込まれました。打開策として植民地支配による勢力の拡大を志向した結果、軍部の台頭を許すことになります。その後、日本は日中戦争太平洋戦争を引き起こし、連合国軍の前に敗れて多くの犠牲者を出しました。

戦後は復興が大きな課題となりましたが、驚異的な速さでそれを成し遂げることとなります。1964年(昭和39)に開催された東京オリンピックなどを契機として、高度経済成長と呼ばれる好景気の波が押し寄せたのです。そして、地価と株価が上昇を続けるバブル景気のピークを迎える頃に昭和という時代が終わりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

大正時代は、文字通り大正天皇が在位していた時代だ。だが、大正天皇は即位してすぐに体調を崩すこととなった。結局47歳の若さでなくなり、元号である大正も15年までとなったのだ。

大正とはどのような時代だったのか

image by iStockphoto

では、明治と昭和に挟まれた大正とはどのような時代だったのでしょうか。ここでは、大正ロマンを生み出した大正時代について振り返ってみましょう。

\次のページで「大正デモクラシーの高揚」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: