化学原子・元素地学地球大気・海洋物理物理学・力学理科

3分で簡単ヘクトパスカル(hPa)!何の単位?どこで使われるの?現役理系学生ライターが徹底わかりやすく解説!

大気圧について学ぼう!

ここまでは、ヘクトパスカルという単位そのものについての説明をしてきました。ここからは、ヘクトパスカルに最も関連する概念と言える『大気圧』について学んでいきましょう

大気圧について知ることで、ヘクトパスカルの概念についてもより理解が深まりますよ。また、以上のような知識を身に着けておくことで、気象情報を新しい角度で見られるようになるかもしれません。

大気圧の発生源は何?

大気圧の発生源は何?

image by Study-Z編集部

大気圧は、地球を覆う大気が原因で生じる圧力です大気は酸素や窒素などの空気分子によって構成されますこの分子には質量があり、地球の引力によって地面の方向へと引き寄せられていますよ

地球を覆う大気の総質量は約5.3×10^18[kg]であり、それがすべて地面にのしかかっている状態なのです。このことを考慮すると、地表面近くでは、約1013[hPa]の大気圧が生じることがわりますよ。この数値を大気圧の基準として扱うことが多く、その値のことを一般に『1気圧』と表現するのです。

\次のページで「高気圧と低気圧」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: