雑学食べ物・飲み物

3分で分かる生ビール・瓶ビール・缶ビールの違い!中身や味、選ぶポイントなどを食品のプロが解説

よぉ、桜木建二だ。今日は「生ビール・瓶ビール・缶ビールの違い」について取り上げるぞ。ビール好きの君はこの3つの違いをきちんと言えるだろうか?「生ビールはジョッキのビールでしょ!?」と思ったなら残念ながら不正解だ。
今回は、世界各国から酒類や食品の輸入を手掛ける現役商社マンMIYABIと一緒にこの違いを解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
MIYABI

ライター/MIYABI

某大手商社の食品部門に勤務する現役営業ウーマン。過去にはお酒のマーケティングなども担当。毎日の晩御飯ではクラフトビールからワインへとハシゴするのが日課。会社のデスク回りも世界から取り寄せたお酒や食材でいっぱいになっている。

ID: ↑パーツ内本文:111文字

「生ビール」「瓶ビール」「缶ビール」は結局何が違うの?

image by iStockphoto

『とりあえずビールが飲みたい!』これは酒好きならだれもが発する一言ですよね。ですが、ビールと言ってもジョッキに注がれた生ビールから瓶ビール、缶ビールまで様々です。これらの違いは一体何でしょうか 。今回はへぇ~と頷くビールの違いをご紹介していきますね。

ID: ↑パーツ内本文:125文字

生ビールが瓶・缶よりも美味しいと感じる3つの理由

「やっぱり生ビールが美味しい!」と思っている方は多いはず。ですが実は、生ビールも瓶ビールも缶ビールも全て中身は同じものなのです。では、中身は同じはずなのになぜ生ビールが美味しいと感じるのか、その理由は大きく3点あります。ひとつは、お店にあるような樽に入ったビールは瓶・缶に比べて酸化しづらく、美味しさをキープしやすいという点。ふたつ目は、サーバーを使うことでガス圧・温度・泡をコントロールでき、すべてを最適な状態で注ぐことができるという点。最後は、飲み口の大きなジョッキを使うことによって、ビールの香りを鼻で感じながら舌でも味を楽しむことができるという点が挙げられます。

ただし、こうやっておいしいと思えるのも、サーバーを細かく丁寧に洗浄していればの話。ここの手入れが不十分な場合、生ビールであっても逆にまずくなってしまうのです。

ID: ↑パーツ内本文:366文字

瓶ビールの方が缶ビールより美味しい理由

先ほどご説明したように、生ビールはサーバーが丁寧に洗浄されてこその味。それを考えると、実は瓶ビールの美味しさもなかなかのものです。また、瓶ビールとよく比較されるのが缶ビールですよね。ですが、美味しさという点については、やはり瓶ビールの方に軍配が上がります。なぜならば、ビールの味を左右する大きな要因が「酸化」ですが、この酸化の原因となる空気をより多く追い出してパッキングできるのは瓶の方だからです。もちろん缶も、できる限り酸素を逃がすような仕組みにはなっています。ですが、形状的に瓶ほどは空気を追い出せないため、瓶よりも酸化しやすくなってしまうのです。

ID: ↑パーツ内本文:276文字

「缶ビールはアルミの味がする」は間違い

「缶ビールってアルミの味がするから好きじゃない」という声をよく聴きますね。ですが、これは少々誤解があります。缶の内部は特殊コーティングをされており、缶の成分がビールに溶け出すようなことはまずありません。味が違うと感じるのは、缶の成分が流れ出ているからではなく、缶から直接飲む時に口を付けた部分の金属のにおいを感じることが原因のようです。そもそも、どのビールもグラスに注いで飲むことを前提に作られています。よって、缶ビールは缶のまま飲まず、グラスを使うのがおすすめなのです。

ID: ↑パーツ内本文:236文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

缶ビールのアルミ臭さは、味ではなくにおいだったのか!確かに気になる点ではあったが真相は知らなかった。そしてそれは、グラスに注いで飲んでいれば防げることだったとは。こんなに簡単なことなら、今後は面倒くさがらずにグラスを使うぞ。

ID: ↑パーツ内本文:112文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
MIYABI