雑学食べ物・飲み物

3分でわかるシャンパンとスパークリングワインの違い!シャンパンの条件や各国のスパークリングワインをお酒大好きライターがわかりやすく解説!

同じフランスの「クレマン」、「ヴァン・ムス―」

シャンパンと同じくフランスで造られるスパークリングワインに、「クレマン」や「ヴァン・ムスー」があります。クレマンはシャンパーニュ地方以外でシャンパン同様に造られるスパークリングワインで、ガス圧が3~3.5気圧程度のものです。

「ヴァン・ムスー」はクレマンよりもガス圧の高く、5~6気圧ほどのスパークリングワインになります。

スペインの「カヴァ」

「カヴァ」は、主にスペインのカタルーニャ州で造られるスパークリングワインです。シャンパン同様、瓶内二次発酵方式で造られます。酸味が穏やかで飲みやすく、独特な香りが特徴です。

イタリアのスパークリングワイン「スプマンテ」

イタリアにも様々なスパークリングワインがありますが、イタリアではスパークリングワインを「スプマンテ」と呼びます。その中でもイタリア・ヴェネト州で造られる「プロセッコ」はシャンパンやカヴァと並んで世界的に人気のスパークリングワインです。

ドイツの「シャウムヴァイン」、「ゼクト」

ドイツのスパークリングワインは、シャウムヴァインと呼ばれます。その中でも高品質なカテゴリに分類されるのが「ゼクト」です。ゼクトは、生産国や生産年など異なるワインをブレンドしたベースワインを用いることができる発泡性ワインですので、ブレンデッドワインとも言えるでしょう。

各国のスパークリングワインを飲み比べよう!

シャンパンとスパークリングワインの違いや各国のスパークリングワインについて解説しました。発泡性のワイン、という意味ではどの国でも共通していますが、それぞれ産地や原料が違うことで様々な味わいを見せます。本記事を読んで、各国のスパークリングワインの飲み比べをしてみても面白いかもしれません!

1 2 3
Share: