雑学食べ物・飲み物

3分でわかる明石焼きとたこ焼きの違い!ソースや材料、歴史やお家での作り方についてもグルメ好きが徹底的に調べてみた!

よぉ、桜木健二だ。この記事ではたこ焼きと明石焼きの違いについてみていくぞ。どちらも関西の名物料理でタコが入った丸い食べ物だな。違いはずばりソースの違いだが、材料・歴史など調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。よく似ている明石焼きとたこ焼き、どちらが先に作られたかも気になるところだ。
今回はそんなふたつの名物料理の違いやどちらが先に作られたか、家での作り方なども合わせてグルメ好きのライター食いしん坊主婦と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/食いしん坊主婦

食べることが大好きな主婦。美味しいものには目がなく、食べ物関連のことを調べるのも好き。大食いの人達のように、たくさん食べられてなおかつ太らない体になりたいと思っている。

明石焼きとたこ焼きの大きな違いはソースにあり!

image by iStockphoto

知っている方も多いかもしれませんが、明石焼きとたこ焼きの大きな違いと言えばソース。たこ焼きはソースでいただきますが明石焼きはだし汁。だけどだし汁はたこ焼きのソースのようにかかって出される訳ではありません。それぞれの特徴を紹介していきますね。

明石焼きはだし汁

ふわふわで柔らかい生地の明石焼き。そしてたこ焼きはソースを直接かけますが、明石焼きはだし汁につけて食べるというまさかのつけ麺スタイル。(麺ではないですが…)しかも割って食べるとトロトロの中身がだし汁に溶けてしまう為、ひと口で食べることをおすすめされているようです!

たこ焼きはソース

外はカリカリ、中はとろっとが美味しいたこ焼きはみなさんおなじみのソースですよね。お好みソースやたこ焼きソース、様々な会社のものがあります。ソースの上に青のりやかつお節、ねぎなどをトッピング。マヨネーズもお好みで。お家で作るときは色々とアレンジも楽しめますね。

明石焼きとたこ焼きは材料に違いあり!

image by iStockphoto

明石焼きとたこ焼きは見た目そっくりで、作り方も一緒に思われがちなふたつ。食べるときにだし汁で食べるか、ソースで食べるかの違いだけのようにも見えますよね。実は明石焼きの方が柔らかい仕上がりになるため、材料にも違いがありました。

明石焼きは卵多め

明石焼きはたこ焼きよりも使用する卵の量が多いです。たっぷりの卵に、小麦粉とジン粉と呼ばれる粉を混ぜたものを焼くのが明石焼き。しかもこの生地はとても柔らかく、たこ焼きのように丸くはならないらしいです。パッと見丸く見えるので、意外な事実ですね!焼く時間も短いので焼き色が薄く、綺麗な色をしているのも明石焼きの特徴だそう。中に入れる具もタコのみとシンプルです。

\次のページで「たこ焼きは小麦粉多め」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: