言葉雑学

算数と数学の違いがわかることで勉強が楽になる!算数や数学の苦手パターンや必要な能力や勉強法も合わせて勉強マニアがわかりやすく解説

数学的な見方・考え方を働かせ,数学的活動を通して,数学的に考える資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

(1)数量や図形などについての基礎的・基本的な概念や性質などを理解するとともに,日常の事象を数理的に処理する技能を身に付けるようにする。

(2)日常の事象を数理的に捉え見通しをもち筋道を立てて考察する力、基礎的・基本的な数量や図形の性質などを見いだし統合的・発展的に考察する力、数学的な表現を用いて事象を簡潔・明瞭・的確に表したり目的に応じて柔軟に表したりする力を養う。

(3)数学的活動の楽しさや数学のよさに気付き,学習を振り返ってよりよく問題解決しようとする態度,算数で学んだことを生活や学習に活用しようとする態度を養う。

(引用元;文部科学省)

実は算数でも論理的な内容は養われています。日常生活に寄り添った視点で勉強していくため、中学校以上の勉強と比べると親しみやすい内容になっており勉強しやすいという点がわかりやすいひとつの特徴と言えますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

数学的行動とは「生徒が目的意識をもって主体的に取り組む数学にかかわりのある様々な営み」としている。「習った公式を他のことに使えないかな?」と子ども自身が考えながら問題を取り組めるような行動を指す。このように習った知識を使って、子ども自身が率先して学んでいく姿勢を作ってほしいようだな。

数学の教育目標→物事を数値化して解決へ導く

では数学の教育目的についてみていきましょう。

数学的な見方・考え方を働かせ、数学的活動を通して、数学的に考える資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

(1) 数量や図形などについての基礎的な概念や原理・法則などを理解するとともに、事象を数学化したり、数学的に解釈したり、数学的に表現・処理したりする技能を身に付けるようにする。

(2) 数学を活用して事象を論理的に考察する力、数量や図形などの性質を見いだし統合的・発展的に考察する力、数学的な表現を用いて事象を簡潔・明瞭・的確に表現する力を養う。

(3) 数学的活動の楽しさや数学のよさを実感して粘り強く考え、数学を生活や学習に生かそうとする態度、問題解決の過程を振り返って評価・改善しようとする態度を養う。
(引用元;文部科学省)

数学では数値化できないものを文字に置き換えたり、式として表したりするので算数よりも難易度が上がっているのですね。

算数と数学の違いはココ!

文部科学省で「算数」と「数学」の違いについてはこのように述べていました。

なお、小・中・高等学校を通して、数学的活動を行い、数学的活動を通して育成を目指す資質・能力は同じ方向にあるが、その数学的活動を通して、知識及び技能として習得する具体的な内容は、小学校段階では、日常生活に深く関わり、日常生活の場面を数理化して捉える程度の内容が多い。小学校段階では、数学として抽象的で論理的に構成された内容になっていない。
~中略~
小学校の時に具体物を伴って素朴に学んできた内容を、中学校では数の範囲を広げ、抽象的・論理的に整理して学習し直すことになる。そして、さらに高等学校・大学ではそれらが、数学の体系の中に位置付けられていく。

以上のことから、小学校では教科名を「算数」とし、中学校以上の「数学」と教科名を分けている。

(引用元:文部科学省)

つまり、中学で行う数学は「算数」で出題される具体的な数値が、「X」等に代わっていることや数式の複雑化をし始めた段階ということですね。「数学」という学問を本格的に扱うのは高校からとなります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

算数と数学の違いが分かったな!算数・数学について捉えたから今度は苦手なパターンについてみていこう。

算数が苦手な人のパターン

算数から苦手だという人もいると思います。今回算数が苦手というパターンをいくつか挙げてみました。

見直ししない

ここではテスト中の見直しよりもテスト後返却の見直しをしない人を指しています。

テスト後の見直しで「どこの箇所を間違えたのか」を把握することが必要です。単に計算ミスなのか、計算式が間違っていたのか等ですね。とくに「計算式が間違っていた場合はそもそも問題への理解度が不十分な可能性がありますので、わからない箇所を早めにつぶしていきましょう。

低学年での学習内容が理解不十分なまま

これはどの教科でもいえることですが、基礎が身についていないと応用問題は解けません。つまり序盤で勉強する内容が理解できていないと、高学年の勉強についていけなくなるため苦手な項目を一つずつクリアしていく必要があります。

計算の簡略化がうまくできない

簡単に計算できる方法が身についてない場合、ケアレスミスをする可能性が上がります

例えば、「98×21」という問題をみたときに、そのまま筆算で計算すると掛け算の筆算のルールを用いながら繰り上がりをする必要があり、ミスに繋がる可能性がありますよね(この場合「98×21」は「100×21-2×21」と表すこともできますよね)。しかし、計算式を簡略化することで問題を解く速度が上がり、計算式を簡略化できることでミスが減りやすくなります。

数学が苦手な人のパターン

今度は数学が苦手な人のパターンを見てみましょう。

算数の理解が不十分

小学校で習う算数の内容は計算の基礎です。特に高学年で習う「割合」や「比例」といった内容が少し複雑な箇所が苦手になると、より複雑な数学が難しく感じてしまいます。そのためにも、小学校で習う内容はきちんと理解しておきましょう。

\次のページで「算数はできたけど数学は苦手」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: