雑学食べ物・飲み物

3分で分かるスコッチとバーボンの違い!原料や製法、ブランデーとの違いをお酒大好きライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。スコッチとバーボンの違いについてみていくぞ。どちらもウイスキーの種類を指すが、産地や原料、製法が異なっているぞ。それらの違いは味わいの違いにもつながっているので注目していこう。お酒が大好きなぽりにかと共に解説しよう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぽりにか

毎晩ウイスキーで晩酌を楽しむwebライター。バー巡りが趣味な他、家でも複数のボトルを保有しており、日々様々なお酒を楽しんでいる。

大きな違いは産地

image by iStockphoto

「スコッチ」と「バーボン」はどちらもウイスキーの種類の一つです。大きな違いはそれぞれの産地にあります。

「スコッチ」はスコットランドのウイスキー

「スコッチ」とは、スコットランドで造られるウイスキーのことです。その定義はイギリスの法律で定められているほど厳しく、スコットランド以外で造られたウイスキーをスコッチと呼ぶことはできません。また、スコットランドには「6大産地」と呼ばれるウイスキー造りの盛んな地域があり、それぞれで個性豊かなスコッチが生産されています。

「バーボン」の主な原産地はアメリカ

一方の「バーボン」は、アメリカのケンタッキー州が製造の中心地です。アメリカの法律によると、「バーボンはアメリカ合衆国で製造されるもの」と決められています。現在、バーボンはケンタッキー州以外でも製造されていますが、今でもケンタッキー州のイメージが色濃く残っているようです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「スコッチ」と「バーボン」には産地の違いがあることが分かったな。その違いは単なる決まりではなく、法律などで定められている厳しい決まりだという事にも注目だ。続いてスコッチやバーボンの原料や製法についてみていくぞ。

スコッチとバーボンの原料は?

image by iStockphoto

スコッチとバーボンには、産地以外にも違いがあります。ここではスコッチとバーボンの原料について解説していきましょう。

\次のページで「スコッチの原料は大麦麦芽」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: