化学理科

人工毒とはどんな毒?毒物による事件例や種類・定義などを科学館職員が解説

よぉ、桜木建二だ。今回のテーマは「人工毒」だ。

そもそも毒とは何か?毒とは生き物の生命に害を与えるものだ。しかし、極端な量を摂取すれば水も食塩も毒だし、薬だって量を間違えば毒となる。薬と毒はいわば紙一重の存在なのだ。

今回は人口毒について学ぶ。解説は最近の楽しみは展示品にちょっとしたコラムを書くこと、という化学系科学館職員のたかはしふみかだ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

たかはし ふみか

ライター/たかはし ふみか

イベントに向けてどんなことができるかわくわくできるのが仕事の醍醐味、という化学専攻の科学館職員。理科教育に興味があり理系に進んだリケジョで、一般企業での就業経験もある。

人工毒とは

image by PIXTA / 62007357

人工毒とは人間が人工的に作り出した毒のことです。農薬や工業用薬剤のような用途があるものから、化学兵器のように殺戮を目的としたものまであります。反対に、植物や動物、鉱物など自然由来の毒を自然毒天然毒)と言うのです。自然毒には生物由来の生物毒植物毒動物毒微生物毒)、そして鉱物由来の鉱物毒があります。

理系で実際に毒物と言われる薬品を扱う機会がある人はもちろん、ニュースで毒について耳にしたことのある人も多いでしょう。毒として有名なのがこちらです。

image by Study-Z編集部

聞いたことがあるものも多いでしょう。特に微生物毒は病気の原因として聞いたことがあるものもあるかもしれません。例えば自然界最強ともいわれる毒は、ボツリヌス菌が生産する毒素です。この毒素は食中毒を引き起こし、1gで100万人ほど殺すことができます。このような細菌やウィルスが作り出した強力な毒素は、生物兵器として研究開発が行われてきました。生物兵器として他に炭疽菌天然痘ウィルスが知られていています。

生物毒で他にも覚えておくといいもののひとつがジフテリアです。ジフテリア菌の持つ毒素が原因で、上気道の粘膜感染症が起こされます。これはワクチンによって予防することが可能であり、予防接種をすれば怖くありません。また、破傷風は破傷風菌を病原体として発症します。破傷風には熱や倦怠感、そして神経麻痺といった症状があるのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

2019年から世界中で流行する新型コロナウィルスによる感染症と言い、人類の脅威となっている感染症はいろいろあるんだな。ところでコロナウィルスはウィルスであり、菌ではない。ウィルスと菌の違いについてはこちらの記事を参考にしてくれ。

そもそも毒って何?

image by PIXTA / 57002287

今回は人工毒として知られる毒を紹介していきますが、その前に毒とは何かについて確認しましょう。

コトバンクによると毒は次のように定義されています。

次のページを読む
1 2 3
Share:
たかはし ふみか