雑学食べ物・飲み物

ハムとベーコンの違いは部位と製造方法だった!カロリーや栄養、生ハムの違いについてもグルメ好きが分かりやすくわかりやすく解説

ベーコンはボイルで加熱なし

ベーコンは、ハムに比べると工程が少なく手間がかかりません。ベーコンもハムと同じように塩漬け、熟成させたらそこで完成となります。なのでスチームやボイルでの加熱の工程がないのと、「ケーシング」がないのも大きな違いと言えますね。

ハムとベーコンのカロリーはどう違う?

ハムとベーコン、どちらも何気なく使っていませんか?でもなんとなくハムの方があっさりしていて、ベーコンの方が脂が多い…という感じはありますよね。同じ豚肉ではあるけれど、カロリーはどのように違ってくるのでしょうか。

ハムの方がヘルシー

ハムの種類によっても変わってきますが、日本で主に出回っているロースハムのカロリーは100gあたり約196キロカロリー。低カロリーとは言えませんが、ベーコンに比べるとヘルシーです。ちなみにボンレスハムだと100g118キロカロリーショルダーハムだと100g231キロカロリー。ショルダーになるとカロリーが高くなるようですね。

ベーコンはハムよりカロリー高め

次にベーコンのカロリーをみていきましょう。一般的なベーコンのカロリーは100gあたり405キロカロリー。ハムよりも大幅に高いことが分かりますね。こちらも種類によってカロリーが違い、ロースベーコンだと100gあたり211キロカロリーショルダーベーコンは100gあたり186キロカロリーとなります。

\次のページで「ハムとベーコン、栄養素の違いはある?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: