アジアの歴史世界史

厳格なベジタリアン?「ジャイナ教」の思想や開祖・その生活についてなどを元大学教員がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。ジャイナ教が生れたのは紀元前6世紀から前5世紀にかけてのころ。ゴータマ・ブッダと同じ時代のマハービーラによって創設された。少数派ではあるものの現在も継承されているインドの宗教だ。とくに有名な戒律が徹底した不殺生。動物を傷つけることを禁じるアヒンサーだ。

ジャイナ教の厳格な禁欲主義の影響もあり、独自の生活スタイルや食文化を守っているジャイナ教信徒したち。そこで、ジャイナ教の思想や生活について世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

アメリカ文化と歴史を専門とする元大学教員。宗教に対する興味もあり、気になることがあったら調べている。ジャイナ教はベジタリアンを徹底しているため独自の食文化を形成しているとのこと。どんな生活をしているのか、何を食べているのか知りたくなって、今回まとめてみることにした。

ジャイナ教とはどんな宗教?

image by PIXTA / 13767171

ジャイナ教徒が生れたのは紀元前6世紀から前5世紀ごろにかけて。詳細は不明です。ジャイナ教を創設したのはマハービーラ。インドの聖者で仏教の源を作ったゴータマ・ブッダとおおよそ同じ時期に活動した人物です。

マハービーラはジャイナ教を確立した人物

マハービーラはジャイナ教を確立した人物とされていますが、生没年などの詳細は不明です。マハービーラとは「偉大な英雄」を意味する尊称。本当の名前はバルダナーマとされています。30歳になったマハービーラはバラモンに対立的な態度をとるニガンタ派に出家。厳しい修行を行います。

シーナ派では、厳しい修行を終えたものは勝利者を意味するジナと呼ばれるのが慣習。ジナの教えを説くものとなりました。それが発展して、「ジナの教え」を意味するジャイナ教となります。それからもマハービーラは厳しい修行と教えを広める活動を続け、72歳でパータリプトラという地で生涯を終えました。

徹底した不殺生と相対主義が思想の軸

マハービーラが修行を通じて見出したのが徹底した不殺生。生き物によって生き物を傷つけることが、人間の苦しみの原因であると考えました。そこで、不殺生を通じて苦しみの原因を取り除くことが、本来の人間の姿を取り戻す方法であると説きました。不殺生はアヒンサーと呼ばれ、ジャイナ教の思想の軸となります。

もうひとつが物事を一方的に見るべきではないという考え方。マハービーラによると、物事は双方的に認識されるのが自然なありかた。ひとつの言葉や見方ではなく、さまざまな視点からとらえられるべきと考えました。これは今の表現を借りると「相対主義」。ディスカッションする際に断定的な表現や判断を使うことを嫌ったことでも知られています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke