言葉雑学

3分でわかる魔法と魔術の違い!意味や使い方の違い・小説などを文学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では魔法と魔術の違いについてみていくぞ。

どちらもファンタジーの世界や、オカルトなイメージがあるよな。違いはずばり魔力の使い方のようだが、場面によって認識や・意味が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。

今回はそんなファンタジーの物語には欠かせないの違いを魔力の違いを、定義から確認しつつ、文学好きなライター熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり魔法と魔術の違いって何?

image by iStockphoto

魔法と魔術の違いは何かご存知ですか?詳しく違いを知っている方は多くないでしょう。違いを知ると、魔法や魔術が登場する物語をより楽しめます。一緒に見ていきましょう。

魔法:不思議な現象を発生させる術

魔法とは不思議な現象を発生させる術です。能力によって魔力を扱い、それによって得られる現象を魔法と呼びます。魔法は最初から備わっている事もあれば、悪魔と契約をしたり、超自然現象を借りたりとさまざまです。

魔術:不可能を科学に基づき行使して表れる現象

魔術は魔力を利用する知識と技術を合わせたものです。科学的推論や根拠に基づいて実践される方法の1つになります。魔術を行う人が魔法使いではなく、魔術師と呼ばれるのは、原理や法則などの知識を身につけているからです。

 

魔法は手軽に扱えますが、道具や能力を用いるため使い方に限りがあります。魔術は融通が効きますが、知識や技術が必要です。

違いその1:意味の違いは?

魔法と魔術の意味の違いについてご紹介いたします。現在の日本では魔法と魔術に対して、スピリチュアル・ファンタジー・オカルトなイメージを持っている方が多いです。本当にそうなのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

魔法:備わっている能力・悪魔との契約・超自然現象

魔法の意味は「備わっている能力・悪魔との契約・超自然現象」です。つまり、現実ではあり得ない不思議な現象を起こす力と表せます。本来、魔法とは道具を使い超常現象を起こす事です。現在の魔法使いのイメージのように、火や水を出すなど目に見える攻撃をするようなものではありません。

\次のページで「魔術:錬金術・不老不死薬」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: