国語言葉の意味

「下衆の勘繰り」の意味って?実は必要悪?使い方・類語・対義語・英語表現について心配症をこじらせているwebライターがわかりやすく解説!

この記事では、「下衆の勘繰り」について解説する。

「下衆」ってのはなかなかきつい響きの言葉ですね。この言葉から「下衆の勘繰り」がいい意味で使われるものではないということは、容易に察することができる。しかし朝のニュース番組でコメンテーターがうっかりこの言葉を使ってしまい、ちょっとした炎上騒ぎになったこともあるらしいのです。不用意に発言して無礼をはたらかないためにも、言葉の意味はしっかりと把握しておきたいもんだ.

今回は「下衆の勘繰り」が度を越して自滅しがちなライターのぷーやんを呼んです。お得意の「下衆の勘繰り」について、意味や使われ方を説明してもらう。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。あるとき下衆の勘繰り(心配性)をこじらせて強迫観念にかられ、心理カウンセラーのお世話になったことがある。

「下衆の勘繰り」の意味と使い方

image by iStockphoto

「下衆の勘繰り」ということわざについて、「汚い人間の行う汚い推測」というような意味で、なんとなく理解している方が多いのではないでしょうか?しかし「下衆」も「勘繰り」も見慣れない漢字であまり頻繁に使う言葉ではなさそうですので、「正確な意味は?」と聞かれるとちょっと心もとないですよね。そこでまずは、「下衆の勘繰り」の意味と使い方をみていきましょう。

「下衆の勘繰り」の意味は「下品な人の心配」

「下衆」と「勘繰る」は、辞典で次のように書かれています。

1 心根の卑しいこと。下劣なこと。また、そのようなさまやその人。「―な根性は持つな」
2 身分の低い者。
「未学を軽んぜず―をも侮らず」〈露伴・五重塔〉

出典:デジタル大辞泉(小学館) 「下衆」

[動ラ五(四)]あれこれ気を回して悪い意味に考える。邪推する。「何か裏があるのではないかと―・る」

出典:デジタル大辞泉(小学館) 「勘ぐる」

これら2つの言葉を合わせた「下衆の勘繰り」の意味は、「卑しい人や身分の低い人が、気をまわして悪い意味に考える」となります。もう少し端的には、「下品な人の心配」と言えるでしょう。

「下衆の勘繰り」の使い方

つぎに「下衆の勘繰り」をどういう風に使えばいいのかを示す例文をご紹介します。

\次のページで「「下衆の勘繰り」の類語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: