文化・歴史雑学

3分でわかる舞台とミュージカルの違い!意味や表現方法の違い・それぞれの歴史などを芸術好きライターが詳しく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

舞台を観る事を「観劇」と言うが、他にも「観賞」や「鑑賞」という言葉がある。違いは「観賞」は見て楽しむこと。「鑑賞」は理解し味わうことだ。共通の類義語は「観覧」になる。

ID: ↑パーツ内本文:83文字

舞台・ミュージカルの有名作品は?

image by iStockphoto

舞台・ミュージカルの有名作品をご紹介いたします。聞いたことのある作品があるかもしれません。興味のある作品がありましたら、この機会にはじめての観劇を体験してください。

ID: ↑パーツ内本文:82文字

舞台:「ハムレット」「ロミオとジュリエット」

舞台「ハムレット」「ロミオとジュリエット」は、劇作家のウィリアム・シェイクスピアの作品になります。「ハムレット」は復讐、「ロミオとジュリエット」は愛を描いた物語です。どちらも人間の醜さや愚かさを描写し、悲劇の結末を迎えます。

ID: ↑パーツ内本文:112文字

ミュージカル:「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」

ミュージカル「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」の作家は違いますが、どちらもフランスが舞台の作品です。原作は小説で映画化もされています。世界中で長く愛されていて、素晴らしい楽曲が魅力的な2作品です。

ID: ↑パーツ内本文:99文字

その他有名な作品

・舞台
⇒ウィリアム・シェイクスピア作『真夏の夜の夢』
⇒バーナード・ポメランス作『エレファント・マン』
⇒三島由紀夫作『近代能楽集』

・ミュージカル
⇒T・S・エリオット作『CATS』
⇒クロード=ミシェル・シェーンベルクとアラン・ブーブリル作『ミス・サイゴン』
⇒ガブリエル=シュザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ作『美女と野獣』

ID: ↑パーツ内本文:197文字

舞台・ミュージカルはこんな方におすすめ

image by iStockphoto

舞台やミュージカルは、どのような方におすすめかご紹介いたします。観劇を予定している方や、舞台・ミュージカルに興味が沸いてきた方は参考にしてください。一緒に見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:86文字

舞台:文学が好きな方におすすめ

舞台は文学が好きな方におすすめです。小説が原作の舞台は多く、ウィリアム・シェイクスピアや三島由紀夫などが代表となります。舞台を観るには自身の想像力も必要です。また、観るたびに新たな発見があり、何度も楽しめます。

ID: ↑パーツ内本文:105文字

ミュージカル:クラシックが好きな方におすすめ

ミュージカルはクラシックが好きな方におすすめです。ミュージカル音楽は傑作が多く、観たことがなくても聴いたことのある方は多いでしょう。音楽・ダンスを含めた芸術が好きな方に、ミュージカルはピッタリです。

ID: ↑パーツ内本文:99文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kuma55