生き物・植物雑学

セイタカアワダチソウとブタクサの違いや駆除方法は?花粉症の原因はどっち?アレルギー対策の仕方まで現役薬剤師がわかりやすく解説

秋になると花を咲かせるセイタカアワダチソウとブタクサ。秋の花粉症の原因になる迷惑な雑草として、名前を知っている人も多いかもしれませんね。ですが、実は花粉症の原因になるのは片方だけなんです。正しく見分けることで、アレルギーの予防もしやすくなるぞ。また、両者の有効な駆除方法についても紹介していこう。ブタクサアレルギーにも詳しい現役薬剤師ライター、アラノるかと一緒に解説していきます。

ライター/アラノるか

現役薬剤師ライター。耳鼻科からのブタクサアレルギー用処方せんも扱う。郊外住まいで、セイタカアワダチソウもブタクサも身近。患者さまへの説明同様、わかりやすい解説を心がけている。

1.あなたは混同してない?セイタカアワダチソウとブタクサの違い

セイタカアワダチソウブタクサは、どちらも秋に花をつける雑草。両方とも日本全国の道端や空き地、河原などに群生するため、目にしたことがある方も多いでしょう。

ただし、両者は混同されたり間違って覚えられていることもあります。写真を見ながら、正しい見分け方を解説していきましょう。

1-1.写真で見るセイタカアワダチソウの特徴

image by iStockphoto

セイタカアワダチソウは、キク科アキノキリンソウ属の多年草。円錐形の黄色の花が終わったあと、泡立つような綿毛ができることが日本語名の由来です。

葉は細長く、先がとがっています。

1-2.写真で見るブタクサの特徴

image by iStockphoto

ブタクサは、キク科ブタクサ属の一年草。数ミリの黄色い小花がつきますが、遠目には見えづらく花穂は緑色に見えます。日本語名は英語での通称名、hogweed(ホッグウィード)に由来していて、hogは豚、weedは雑草を意味するのです。

葉っぱは細く切れ込んで分裂し、ヨモギに似た形をしています。

1-3.葉の形で見分けよう

上の写真で分かるように、セイタカアワダチソウの葉は細長く、切れ込みがなくすっきりしています。対してブタクサの葉は切れ込みがあり広がっているのです。

まだ花がついていない時期は、見た目が似ているため両者を見分けにくいのですが、葉の形に着目すれば区別しやすいですね。

1-4.開花時期で見分けよう

セイタカアワダチソウの開花時期は10~11月。目立つ花が少なくなってくる時期で、チョウやハチがよく集まります。ブタクサの開花時期はそれより早く、7~10月で、地域にもよりますが花の最盛期は9月中旬です。

秋に花が咲く植物というイメージの両者ですが、ブタクサが先に咲き、秋が深まってからセイタカアワダチソウの花期がやってきます。

\次のページで「2.花粉症の原因になるのはブタクサ!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: