趣味雑学

文庫本・単行本・新書は何が違う?サイズや内容の違い・それぞれの魅力などを文学好きライターが詳しくわかりやすく解説

文庫本・単行本・新書の魅力

image by iStockphoto

文庫本・単行本・新書の歴史を知り、理解が深まってきたのではないでしょうか?続いては、それぞれの魅力についてご紹介していきます。魅力を知ると本が読みたくなるでしょう。

文庫本は手軽に読める

文庫本の魅力は、まずサイズが小さいことです。コンパクトで持ち運びに便利。値段が安く、気軽に手に取りやすくなります。気になる本や購入に迷う場合は、裏表紙のあらすじが購入の参考に。

単行本は新作が読める

単行本の1番の魅力は新作を読めることです。賞を取るか分からず評価も決まっていない小説を、ニュートラルな状態で読めます。新作本の販売を促すため帯にはあらゆる工夫がされ、そこも面白みの1つに。

新書は知的好奇心が沸く

新書の魅力は、何よりも教養です。専門分野に特化した本が多く、知的好奇心が刺激されます。単行本と文庫本の中間サイズで、持ち運びや文字の読みやすさがちょうど良いです。今まで購入したことがない方は、この機会にぜひ手に取ってみてください。

【余談】文庫本・単行本・新書あなたは何派?

文庫本・単行本・新書の違いについてご紹介してきましたが、最後にあなたが何派なのか知っていきませんか?ご自身に問う形で確認してみてください。また、読書仲間がいれば、何派か聞いてみましょう。

文庫派が多数

どんなシーンで読みたい本かイメージすると、あなたが何派かわかるでしょう。旅行に持って行くのか、記念に保管したいのか、勉強用なのかなど。もし迷った場合は、まずは手軽さやジャンルの読みやすさを考えて文庫本をおすすめします。

文庫本・単行本・新書それぞれの定義や魅力がある!

文庫は「刊行物の普及を目的とした小型本」、単行本は「ハードカバーで本自体を折り曲げて片手では読めない大型本」、新書は「世に初めて発表される作品が大半」という違いがあります。それぞれの目的に合わせて選びましょう。

1 2 3 4
Share: