地学理科

太陽ってどんな星?いつ誕生した?日食や太陽フレア・コロナなどの現象、太陽の秘話を科学館職員がわかりやすく解説

今回のテーマは太陽です。太陽は地球から最も近い恒星で、太陽のおかげで地球の環境が保たれている。ところで皆は太陽がいつ誕生し、どのような構造となっているのか知っているか?

太陽が誕生したのは約46億年前です。人間は寿命が延びたと言っても100年くらいしか生きられないことを考えると途方もない時間です。今回は太陽の性質を学習する。解説は化学系科学館職員のたかはしふみかです。

ライター/たかはし ふみか

理科教育に興味があり、理系に進んだ化学系科学館職員。実験したり工作を考える科学館の仕事が大好き。仕事を通して化学はもちろん、生物や天文と色々な事を調べる機会が多いため、雑学やウンチクが増えてきた。

そもそも太陽って何?

image by PIXTA / 42589527

そもそも太陽とは何でしょうか。初めにその定義や役割を確認しましょう。

定義から見る太陽

コトバンクを確認すると太陽とは次のように解説されています。

太陽系の中心をなす恒星

太陽系とは太陽を中心とした、惑星や衛星、小惑星や彗星などの天体の集団のことです。地球も太陽系に所属する惑星のひとつですね。そして恒星とは、自ら光を発する星のことになります。

惑星、衛星って何だった?という人はこのページを参考にして下さい。

数値から見る太陽

image by PIXTA / 47430133

今度は数値から太陽がどんな星か確認していきましょう。

誕生 約46億年前

直径 139万㎞(地球の109倍)

質量 1.9891×10³⁰kg(地球の33万倍) 

密度 1.411 g/cm3

表面温度 約6000℃

地球からの距離 1億5千万㎞(光が届くのに8分半)

黒点温度 約3800℃

中心核温度 約1600万℃

自転周期 約27~32日

\次のページで「太陽の構造~太陽はなぜ輝くのか?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: