雑学食べ物・飲み物

3分で分かるサブレとクッキーの違い!材料やレシピ・カロリー・ビスケットとの違いまでデザートのプロが解説

クッキーのレシピ:バターを常温に戻して使う

一方、クッキーを作る際は、バターを室温に戻してから使用します。クッキーは、室温に戻したバターをやわらかくなめらかな状態にし、そこに砂糖や卵、小麦粉を混ぜるという工程で作られることが一般的です。このバターを滑らかな状態にして使う方法は「クレメ法」と呼ばれる手法で、クレメ=「クリーム状にする」というフランス語から来ています。

ID: ↑パーツ内本文:161文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

サブレとクッキーの違いはバターにあったんだな。材料はほぼ変わらないのに「量」と「使い方」が違うだけであれだけ違う製品に仕上がるというのは驚きだ。

ID: ↑パーツ内本文:72文字

サブレとクッキーのカロリーの違い

image by iStockphoto

では、サブレとクッキーでカロリーはどのように異なっているのでしょうか。以下で具体的な数値を見てきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:53文字

サブレのカロリーはクッキーより少しだけ低め

日本食品標準成分表によると、サブレのカロリーは100gあたり459Kcalとされています。同じくクッキーは100gあたり544Kcalとされていますので、サブレの方が100gあたり85Kcalほど低くなっていますね。100gが実際どの程度の重量感なのか想像しづらいづらですが、例えばサブレとして名高い「鳩サブレー」は1枚当たりの重さが33g。この重さで単純計算すると、1枚当たりのサブレとクッキーのカロリー差は28Kcal程度となり、1枚食べた時の差はそれほど大きくはなさそうですね。ただし、カロリーは商品によって当然異なってきますので、この数値は一つの目安として捉えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:292文字

クッキーは100gあたり500kcalを超える!

クッキーのカロリーは上記の通り100gあたり544Kcalとなり、サブレより若干高い数値となります。ただし、クッキーの1枚当たりの重量は8~10g程度のものが多いようですので、枚数換算すると50Kcal前後になりそうです。例を挙げると、森永のムーンライトは1枚当たりの重量が8.1gで43Kcal、ミスターイトウのバタークッキーは1枚当たり10,1gで52Kcalとなります。ただし、これらの数値はシンプルなクッキーのカロリーです。チョコやナッツが入ればこれも大きく変わりますので要注意ですね。

ID: ↑パーツ内本文:247文字

こちらも分かりづらい!ビスケットやクラッカー、ガレットとは?

image by iStockphoto

ここまででサブレとクッキーの違いはご理解いただけたかと思いますが、紛らわしいものはまだまだあります。ビスケットやクラッカー、ガレットなどもよく耳にしますが、これらはどのような違いがあるのでしょうか。その点をご説明しましょう。

ID: ↑パーツ内本文:112文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
MIYABI