暮らし生き物・植物雑学

柴犬と豆柴の違いは大きさだけ?特徴や性格・飼い方の違い、その他日本犬の種類まで雑学オタクライターが徹底解説!

よぉ、桜木建二だ。日本の家庭で飼われている代表的な犬と言われて、どの犬種をイメージするだろうか。近年は異種同士のミックスなども増えて膨大な種類の犬がいるが、柴犬ほど日本人に馴染みのある犬種はそういないだろう。その柴犬そっくりの小さな豆柴の需要も高まり、豆柴専門のブリーダーも多い。この記事では、柴犬と豆柴の違いや特徴から性格を踏まえた飼い方まで、雑学オタクのライターおとのと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
おとの

ライター/おとの

柴犬の顔と尻尾に魅了され続けている雑学オタク。今までは金魚とザリガニしか飼ったことがないが、いつか赤毛と黒毛の柴犬か豆柴を二頭飼いするのが目標。今回は目標実現のために、柴犬について調べ尽くした。

ID: ↑パーツ内本文:97文字

豆柴と柴犬の違いは大きさにあり!

image by iStockphoto

柴犬は天然記念物にも登録されている日本発祥の犬種です。日本の家庭で飼われている日本犬のなかではダントツに多く、約80パーセントもの割合を占めています。また近年、よく名前を聞くようになった豆柴はそのコロコロとした愛くるしい姿が人気の小さな柴犬です。どちらも日本で非常に愛されている犬ですが、柴犬と豆柴の違いはずばりその大きさ。ここでは、その体躯の差について解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:186文字

豆柴の大きさ

豆柴というのは、独立した犬種の名前ではありません。柴犬の中でも小柄な個体同士を交配させて生まれた、血筋的に小さな柴犬のことを指します。豆柴は小柴とも呼ばれ、大体の体高はオスで30〜34cmほど。メスは28〜32cmほどです。体重は4〜6kgくらいが平均値とされています。

日本犬保存会は豆柴について、人為的にミニ化された体高不足犬と判断しており、公認することはないとして血統書も発行していません。しかしNPO法人の日本社会福祉愛犬協会が、独自の豆柴の血統書を発行しています。

ID: ↑パーツ内本文:238文字

柴犬の大きさ

公益社団法人日本犬保存会が定めた柴犬の体高の標準はオスが39.5cm、体重は9〜11kg。メスが36.5cmで7〜9kgです。豆柴の成犬と比較した場合でもその大きさは一回り以上も違い、見た目でもハッキリと分かります。

柴犬は日本犬のなかで唯一の小型犬。もともとは外で飼われることが多かったのですが、室内で飼う分にも問題ない大きさです。現代の住居や家族の在り方を鑑みると、犬を室内で飼うケースも大幅に増えているため、その調整がきくという点も柴犬の魅力と言えますね。

ID: ↑パーツ内本文:232文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

豆柴は昭和30年頃に京都の樽井荘の犬舎で繁殖が開始されたと言われている。日本人はもともと小さいものを好む傾向があるが、なかでも小型犬に対する愛着はひとしおだろう。

ID: ↑パーツ内本文:81文字

豆柴と柴犬の特徴

image by iStockphoto

柴犬や豆柴はポストカードやカレンダーのモデルを務めることも多いほか、イラスト化して様々な小物や製品に使用されています。その理由は可愛らしさや認知度はもちろんのこと、一目で柴犬と判別できる特徴を兼ね備えているからでしょう。ここでは豆柴と柴犬の見た目の特徴を中心に、購入時の注意点などに着目して説明します。

ID: ↑パーツ内本文:151文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
おとの