IT・プログラミング雑学

3分でわかるWindowsとMacの違い!操作性は?どちらを選ぶべき?情報科出身ライターが解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事ではWindowsとMacの違いについてみていくぞ。パソコンの二大巨塔といえばWindowsとMacになるが、どっちが自分に合っているか、いまいち分からないよな。

なんとなくMacはオシャレというイメージはあるが、機能面ではどう違うのかも気になるところだ。

パソコンの購入は大きな買い物になる。失敗しないように情報科出身のライターishkaと一緒に勉強していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ishka

会社員兼WEBライター。サステナブルやSDGsに関する情報発信をする傍ら、趣味で音楽制作も行っている。普段は白Tばかり着ている。

世の中ではどっちがシェアが高い?

image by iStockphoto

まずは日本ではどちらの人気が高いのか、シェアを見てみましょう。日本では長らくWindowsのシェアが高く、7割強の人がWindowsを使用しています。その中でも、企業でWindowsのパソコンが使用されていることが多いです。この理由の1つとして、サポート期間が関係しています。MacはOSのサポート期間が2〜3年と短く、「サポート期間は◯月◯日までです」といったアナウンスも特にありません。

対してWindowsは、これまでWindowsXPWindowsVistaWindows7Windows8.1などのリリースがありましたが、いずれもサポート期間はリリースから約10年となっています。長く使用できるということは、安価に使用できることにもなるため、企業としてはメリットが大きいです。

しかし最近はフリーランスとして働く方も増えており、Macのパソコンで仕事をするフリーランスの方も多いですね。

WindowsとMacはOSが違う!

WindowsMacの違いを説明する上で外せないのが、OSの話。OSとは「Operating System」の略で、ソフトウェアの種類の1つです。「カーソルを動かす」「文字を入力する」「画面にうつす」など、パソコンを使う上で基本中の基本である機能がありますよね。これらの機能はパソコン上で動く様々なソフトウェア(アプリ)に共通して利用する機能です。こういった機能全体を管理するのが、このOSというソフトウェアとなります。

では、WindowsとMacのそれぞれのOSを見てみましょう。

WindowsのOS名は「Windows〇〇」

WindowsのOSは、「Windows〇〇」という名前。WindowsのOSは、「Microsoft」が開発しています。ここで注意すべきなのは、WindowsのOS自体はMicrosoftが開発しておりますが、パソコン本体は他のメーカーが製造しているという点です。日本だと、パナソニック東芝富士通NECなどのメーカーが有名ですね。

WindowsのOSは、対応しているソフトが多いのも特徴の1つ。先に、Windowsは企業でよく使用されているとお話しましたが、これも理由の1つになりますね。ビジネス向けに開発されているソフトやアプリは、Windows向けのものが多いんです。

MacのOSは「macOS」

MacのOSは「macOS」という名前です。これまでのOS名には「macOS Sierra」「macOS Mojave」「macOS Big Sur」などがありました。macOSはAppleによって開発されているOSですが、Windowsと異なる点は、パソコン本体までAppleで製造しているという点です。

先に、ビジネス向けのソフトウェアはWindows向けが多いとお話しましたが、Macにも代替となる純正ソフトがあります。またOfficeソフトに関して、Macにも純正ソフトがあるため、Windowsとの互換性も取れるんです。

しかし、具体的に使用したいソフトがある場合は、一度対応のOSを確認することをオススメします。

WindowsとMacのデザイン性の違い

image by iStockphoto

次にWindowsとMacのデザイン性の違いについてです。なんとなくMacのパソコンはスタイリッシュでオシャレなイメージがありますよね。実はWindowsのパソコンも負けていません。それぞれ見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: