IT・プログラミング雑学

3分で分かる32bitと64bitの違い!bitの意味や大きさによる違いをガジェット大好きライターがわかりやすく解説!

Windowsのバージョンなどでよく聞く「32bit」と「64bit」の違いについてみていきます。2つの意味の違いを理解しておくことで、パソコンを買う際のOS選びに迷わなくてよくなるぞ。ガジェットが大好きなぽりにかと解説していこう。

ライター/ぽりにか

ガジェットが大好きなwebライター。学生の頃から自作PCを組み、オンラインゲームをプレイすることが好きだった。

32bitと64bitの違いはCPUが扱う情報量!

image by iStockphoto

32bitと64bitの大きな違いは、CPUが扱う情報量の違いです。32bitと64bitでは情報量がどれくらい異なるのかみていきましょう。

32bitは2の32乗分の情報量

bit(ビット)の前の数値は、2を何乗するかを指しています。つまり、32bitの情報量は2の32乗となるわけです。2の32乗は4,294,967,296になります。windowsの32bit版はこれだけの情報量を扱うことが出来るということです。

64bitは2の64乗分の情報量

64bitの情報量は、2の64乗になります。2の64乗は18,446,744,073,709,600,000という途方もない数値です。32bitに比べ、64bitの方が扱える情報量が多いので、一般的に64bit版の方が性能がよいとされます。

bitとはコンピューターが扱うデータの単位

image by iStockphoto

bitとはコンピューターが扱うデータの単位です。その考え方について解説します。

\次のページで「2進数(0,1)を格納できる箱」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: