言葉雑学

「都」「道」「府」「県」は何が違う?成り立ちや呼び名の違い・制度や疑問などを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

現在の47都道府県は、東京都・大阪府・京都府・北海道・43の県。地方ごとに分けると、北海道東北地方・中部地方・関東地方・中国四国地方・近畿地方・九州地方・沖縄地方になります。

違いその1:成り立ちの違いは?

ざっくりと都道府県の違いについて、わかったのではないでしょうか。続いては、都道府県の成り立ちについて解説していきます。都道府県について、より深く知っていきましょう。

「都府県」は地域区分を置き換えたもの

都府県は江戸時代にあった藩の地域区分を、明治後に置き換えたものです。これを廃藩置県と呼びます。廃藩置県を行った理由は、府知事や県令(後の知事)を派遣し、治めさせるという改革を行うためでした。

「道」はあいまいだった支配体制を整備してできたもの

北海道はかつて蝦夷地と呼ばれ、明治初期までは支配体制があいまいな地域でした。政府が支配体制を整備するにあたり、1869年に北海道と改称したことが経緯となります。現在「道」は「県」と同じ、自治体区分の名称です。

時代別 誕生した地方自治体の呼称

・江戸時代⇒藩
・明治初期⇒府・県・藩
・廃藩置県後⇒府・県
・明治時代⇒北海道
・戦争中⇒東京都

違いその2:呼び名の違いは?

都道府県の成り立ちや背景を知れたところで、続いては呼び名に込められた意味についてご紹介していきます。どういった意味が込められているのか、また違った角度から知っていきましょう。

\次のページで「「都」は強力な行政機構を意味する」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: