雑学食べ物・飲み物

ドライカレーとキーマカレーの違いは水分量と材料だった?!カレーピラフはどっちに部類される?定義・由来やレシピを雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

今回は「ドライカレー キーマカレー」の違いについて解説していきます。
カレー料理としてあげられるドライカレーとキーマカレーですが、みんなは両者の違いを知っているか?結論を言うと、その違いは「水分量」と「材料」にある。この記事では「ドライカレー キーマカレー」の以上2つの違いに加え、定義や由来についてを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していきます。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

「ドライカレー」「キーマカレー」の定義

image by iStockphoto

カレー料理の代表例「ドライカレー」と「キーマカレー」ですが、みなさんはきちんとその違いを把握していますでしょうか?まずは両者の定義を確認していきましょう。

1.「ドライカレー」とはカレー粉で味付けしたご飯

ドライカレーは以下のように定義される「カレー粉で味付けしたご飯」のこと。使用する野菜については特にこれといった指定はなく、カレー粉を用いた米料理であればドライカレーに部類されます。

《(和)dry+curry》野菜とひき肉をいためてカレー粉を入れたもの。ご飯にかけて食べる。また、カレー粉で味を付けたいためご飯。

(出典:デジタル大辞泉(小学館)「ドライカレー」)

2.「キーマカレー」とはインド発祥のカレー

一方キーマカレーは、以下のように定義されるインド発祥のカレー。「キーマ」はヒンディー語で「ひき肉」を意味することから、ひき肉の使用が必須のカレーになります。

《キーマはヒンディー語などでひき肉の意》みじん切りにした野菜とひき肉をいためて作る、汁気の少ないカレー。

(出典:デジタル大辞泉(小学館)「キーマカレー」)

\次のページで「ドライカレー・キーマカレーの違いは「水分量」と「材料」にあり!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: