雑学食べ物・飲み物

ウィンナーはソーセージの一種?!フランクフルトとの違いは?定義・由来・作り方などを雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「ソーセージ ウィンナー」の違いについて解説していくぞ。
朝食やお弁当のおかずとして定番のウィンナーとソーセージだが、みんなは両者の違いは知っているか?実は、ウインナーはソーセージの一種であり、作り方はほぼ同じなんだ。この記事では「ソーセージ ウィンナー」の違いに加え、定義や由来について雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

ウィンナー、ソーセージの由来と定義

image by iStockphoto

お弁当や朝食のおかずとして定番の「ウィンナー」「ソーセージ」。まずは両者の由来と定義を簡単に確認していきましょう。

ソーセージの由来と定義

ソーセージは、調味料で味付けされたひき肉を腸などでケーシングしたものの総称で、腸詰めされた食肉加工食品のことを指します。由来については諸説ありますが、ラテン語のSalsus(塩漬け)が元となったという説が有力です。

塩漬けのあとに味付けをしてすりつぶした肉・内臓などを、子牛・豚などの腸に詰め、薫煙・湯煮した食品。腸詰め。

(出典:デジタル大辞泉(小学館)「ソーセージ」)

ウィンナーの由来と定義

一方でウインナーは、ソーセージの一種であり「ウィンナーソーセージ」が正式名称。オーストラリア首都ウィーンが語源とされています。

羊・山羊 (やぎ) の腸にすりつぶした肉を詰めた小形のソーセージ。ウィーンで作り始められたという。

(出典:デジタル大辞泉(小学館)「ウインナー」)

\次のページで「ウィンナーの正式名称は「ウィンナーソーセージ」!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: