雑学食べ物・飲み物

 海苔の有無だけではなかった!?もりそばとざるそばの違いとは?由来やかけそばやせいろそばのとの違いについてもグルメ好きが分かりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではもりそばとざるそばの違いについてみていくぞ。どちらも定番のメニューでよく似ているよな。違いはずばり海苔の有り無しとして知られているが、他にも器や由来など調べてみると違いがあるみたいだ。
今回はそんなそばの定番メニューもりそばとざるそばの違いと、かけそばやせいろそばの違いについてもグルメ好きなライター食いしん坊主婦と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
chikin007

ライター/食いしん坊主婦

食べることが大好きな主婦。美味しいものには目がなく、食べ物関連のことを調べるのも好き。大食いの人達のように、たくさん食べられてなおかつ太らない体になりたいと思っている。

ID: ↑パーツ内本文:84文字

もりそばとざるそばの違いは由来にあった!

image by iStockphoto

誰もが思い浮かぶそばの定番、もりそばとざるそば。2つの違いは海苔がかかっているか、いないかだけ。これは多くの方が知っていることかもしれません。それ以外はほぼ同じように見えるのになぜ呼び分けているのか気になるところですよね。実は違いの秘密は由来にありました!

ID: ↑パーツ内本文:128文字

かけそばと区別する為に名前がついたもりそば

そばが食べられるようになったのは室町時代。当時は麺の形ではなく丸いお団子の形で、今でいうそばがきのようなものでした。そば切りと呼ばれる現在のような細い麺の形になったのは、江戸時代と言われています。この頃そばをつゆにつけて食べるのが主流でしたが、その食べ方が面倒になった人達がそばにつゆを丸ごとかけたのがきっかけ。その食べ方がそのまま定着したのが始まりのようです。そうして新しく定着した、つゆをそばにかけて食べるスタイル「かけそば」と区別するために、元々の食べ方であるそばをつゆにつける食べ方を「もりそば」と呼ぶようになったんですね。

ID: ↑パーツ内本文:266文字

ざるに乗せて出したのがざるそば

ざるそばが生まれたのは江戸時代の中頃で、現在の東京深川にあるお店「伊勢屋」。はじめはお椀に入れて出されていたもりそばですが、底に水が溜まり最後のそばが水っぽくなってしまうのが難点でした。これではお客さんが最後まで美味しく食べられない!と、水っぽさを解消する為に考え出されたのがざるに盛ることだったのです。確かにざるに盛れば水を切れるので、この方法はうってつけですよね。最後まで美味しく食べられるこの方法が評判になり、ざるに盛って提供するお店がどんどん増えていったようです。

ID: ↑パーツ内本文:236文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

もりそばとざるそば、元々はどちらも同じそばから生まれたものということが分かったな。さて、ひとつのそばから生まれたこの2つのそばに値段の違いはあるのか、気になるところだ。次からはその値段の違いについてみていくぞ。

ID: ↑パーツ内本文:105文字

もりそばとざるそば、値段の違いはある?

image by iStockphoto

もりそばとざるそば、由来が違うだけでもともとは同じそばであることが分かりました。そこで気になるのがお値段。だけど私もそうなのですが、蕎麦屋さんは頻繁に行くものではないので、値段ってうろ覚えですよね。実際、それぞれのお値段はどう違うのでしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:122文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
chikin007