日本では1人当たり年間で約330個のたまごを食べていて、この消費量は世界でもトップクラスです。ほぼ毎日、何らかのカタチで口するたまごですが、漢字で表すと「卵」と「玉子」の2種類がある。この記事ではこれらの漢字の使い分けや成り立ちについて、雑学オタクライターのおとのと一緒に解説していきます。

ライター/おとの

雑学と食べることが大好きな食いしん坊ライター。食に関しては飽くなき探究心を持っている。卵白をメレンゲにした卵かけご飯が気になるものの、生卵が苦手なので未だ挑戦できていない。

卵と玉子の違いは?

image by iStockphoto

我々の食卓に欠かせないたまご。漢字で書くと「卵」と「玉子」の2種類がありますね。一般的には生の状態を「卵」と書き、調理したものを「玉子」と表すようですが、それ以外に違いはあるのでしょうか。この項では「卵」と「玉子」の定義と使い分けについて解説します。

卵とは生物のたまご全般

「卵」は生き物のたまご全般を指します。生命が宿り、いずれ孵化するものを表すため、鳥だけではなく魚や虫やカエルなどが産んだたまごも同じく「卵」です。

鶏卵に限って言えば、生の状態のものを「卵」と表すのが一般的。料理の材料として表す際や、生のままご飯の上にかけた「卵かけご飯」などに使われます。スーパーで売られているたまごのパッケージを見ても、漢字の場合は「卵」と表記されているのが普通です。

玉子とは食材の鶏卵

「玉子」は調理したニワトリのたまごを表すときに使う漢字です。この漢字を使用するのは鳥類のたまごに限定され、調理の有無に関わらず「魚の玉子」とは表しません。

同じ鳥類では、うずらのたまごも料理に使われることがありますね。このたまごをどう表すかについて明確な決まりはありませんが、ショッピングサイトで水煮と味付けたまごを調べたところ、大多数が「卵」または「たまご」の記載でした。大手検索エンジンのYAHOO!JAPANやGoogleで「うずらの玉子」と検索すると、自動的に「うずらの卵」と変換して検索されます。このことからも、「玉子」は調理済みの鶏卵に使用するのが無難でしょう。

「たまご焼き」「医者のたまご」はどちらか

「たまご焼き」はすでに調理済みなので「玉子焼き」と表すのが主流です。しかし、レシピによっては「卵焼き」と表記している場合もあり、厳密に決められているものではありません。同様にゆで卵や卵丼という書き方をしたレシピもあります。

「医者のたまご」など、ある職業の見習いの状態を「たまご」という言い方をしますね。これはまだ未熟で一人前ではないことを示唆していますが、後に成長して殻を破ることから「卵」と表記します。この場合に「玉子」は使いません。

\次のページで「卵と玉子の漢字の由来」を解説!/

卵と玉子の漢字の由来

同じたまごを表す「卵」と「玉子」にも、その漢字が使われるようになった理由が存在するはずです。ここでは、これらの漢字の由来や歴史的な背景について確認していきましょう。

卵の由来は連なったたまごの形だった!

「卵」は小さな丸いたまごが連なった様子を表した象形文字です。中にある2つの点はこれから孵化する子供を表していると言われています。

もともと、たまごは「殻の子」という意味で「かひご」と呼ばれていました。この「かひご」に当てられた漢字が「卵」です。しかし、後に「蚕」と区別するのが難しいとの理由から「たまご」と呼び方が変わり、それに伴って「卵」の読み方も「たまご」となりました。物体の名前が変化したことで、当てていた漢字の読み仮名も変わったのですね。

玉子の由来は玉のように丸い殻だった!

「玉子」の由来はその丸いカタチにあります。玉のように丸い殻を持つ子という意味で「玉の子」と呼ばれ、それが「玉子」と変化しました。

上記の通り、たまごは歴史の途中で呼び名が変わっています。その際に用いられたのが「玉の子」でした。室町時代にはすでに「玉の子」や「たまご」という呼び方はありましたが、広く使われるようになったのは江戸時代に入ってから。もともと、たまごを食べることは殺生に繋がるとされていた仏教的な概念が崩れ、高級品ながら食卵の文化が芽生え始めたことが原因です。

英語でたまごは区別するのか

image by iStockphoto

頻度の差はあれど、たまごは世界中で食べられている食材です。最初の項では「卵」と「玉子」は調理の有無や動物の種類などで使い分けがされることを説明しましたが、英語でもそのような違いを表す表現はあるのでしょうか。以下でたまごを意味する英単語を紹介します。

egg:一般的な卵

“egg”は卵の英訳として最も一般的に使われる単語です。特別、動物を限定するものではありませんが、英英辞書で引いてみると『雌の動物が産んだ丸くて薄い殻で出来たオブジェクト。特に雌鶏が産んだもの』という旨の記載があるため、基本的には鳥の卵を意味するようです。

不可算名詞にして、料理にした卵の一部分を示すこともあります。海外では生卵を食べることはほとんどなく、“Fried egg”(目玉焼き)“Boiled egg”(ゆで卵)“Scrambled egg”(スクランブルエッグ)などに調理するのが普通です。

\次のページで「roe:魚の卵」を解説!/

roe:魚の卵

“roe”は魚卵や卵が詰まった卵巣、雄魚のしらこを表します。まだ雌魚の体内にいる状態を示すニュアンスがあり、食用とするものを示す表現です。魚卵全般を指す言葉なので、正確に伝えたい場合は“salmon roe”(イクラ)“cod roe”(たらこ)“herring roe”(かずのこ)など、魚の種類をつけて呼ぶようにしましょう。

ちなみに海外では、生卵と同じく魚の卵を食べる習慣はあまりありません。もちろん魚卵の種類にもよりますが、多くの魚卵を好んで食べる日本は世界的にも珍しい食文化を築いているようです。

spawn:魚や両生類の卵

“spawn”は魚、両生類、軟体動物や甲殻類などの水生動物の卵を表す単語です。これらの動物は膨大な量の卵を産み、それらが一塊になって水中で育ちます。この塊を指して“spawn”と呼ぶのです。

あくまでも食用としての魚卵は上記の“roe”のため、好物として伝える際に“spawn”を用いないように注意しましょう。

たまご焼き、出汁巻きたまご、オムレツの違い

image by iStockphoto

お弁当の定番のおかずであるたまご焼き、ファンの多い出汁巻きたまご、朝食にピッタリのオムレツ。3つとも全卵を溶いて焼き上げたシンプルで家庭的な卵料理です。共通する部分の多いこれらの違いはどこにあるのでしょうか。材料や作り方に注目して解説します。

材料と作り方の違い

見た目が似ているたまご焼きと出汁巻き卵。卵液を複数回に分けてたまご焼き器に流し入れ、巻き上げながら焼くという工程も一緒です。これらの一番の違いは単純で、味付けに出汁を使うか否か。たまご焼きは塩や砂糖、醤油などで味付けをするのが基本ですが、出汁巻きたまごは名前の通り、卵液にたっぷりと出汁を加えて味付けをします。地域によって差はありますが、ふわふわで出汁の風味がメインとなっている関西風のレシピが「出汁巻きたまご」のイメージとして定着しているようです。

オムレツはフランス発祥の卵料理。フランス語では“Omelette”と綴り、本来の読み方は「オムレット」ですが、日本では訛って「オムレツ」となりました。溶き卵に少量のミルクを加え、塩と胡椒で味付けして焼き上げたものをプレーンオムレツと呼びます。半月状に焼き固めるのが特徴で、この形が剣の刃に似ていたことが名前の由来となりました。

たまごは生活の必需品!

「卵は物価の優等生」という言葉を聞いたことはありますか?価格の変動が少なく、買い求めやすい値段が継続されていたことからこう呼ばれています。しかし昨今、鳥インフルエンザや餌代の高騰などの影響で、卵が少しずつ値上がりしているのです。オムライスと親子丼が大好物の筆者としては悲しい限り。毎日の食卓に並ぶ卵料理のほか、マヨネーズやお菓子作りにも大活躍する卵はまさに生活の必需品。これ以上高騰しないよう、大切に無駄なく食べていきたいですね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 卵と玉子、この表記の違いって?たまご焼きはどっち?漢字の由来や英語表現・たまご料理について雑学オタクライターが5分でわかりやすく解説! – Study-Z
雑学食べ物・飲み物

卵と玉子、この表記の違いって?たまご焼きはどっち?漢字の由来や英語表現・たまご料理について雑学オタクライターが5分でわかりやすく解説!

日本では1人当たり年間で約330個のたまごを食べていて、この消費量は世界でもトップクラスです。ほぼ毎日、何らかのカタチで口するたまごですが、漢字で表すと「卵」と「玉子」の2種類がある。この記事ではこれらの漢字の使い分けや成り立ちについて、雑学オタクライターのおとのと一緒に解説していきます。

ライター/おとの

雑学と食べることが大好きな食いしん坊ライター。食に関しては飽くなき探究心を持っている。卵白をメレンゲにした卵かけご飯が気になるものの、生卵が苦手なので未だ挑戦できていない。

卵と玉子の違いは?

image by iStockphoto

我々の食卓に欠かせないたまご。漢字で書くと「卵」と「玉子」の2種類がありますね。一般的には生の状態を「卵」と書き、調理したものを「玉子」と表すようですが、それ以外に違いはあるのでしょうか。この項では「卵」と「玉子」の定義と使い分けについて解説します。

卵とは生物のたまご全般

「卵」は生き物のたまご全般を指します。生命が宿り、いずれ孵化するものを表すため、鳥だけではなく魚や虫やカエルなどが産んだたまごも同じく「卵」です。

鶏卵に限って言えば、生の状態のものを「卵」と表すのが一般的。料理の材料として表す際や、生のままご飯の上にかけた「卵かけご飯」などに使われます。スーパーで売られているたまごのパッケージを見ても、漢字の場合は「卵」と表記されているのが普通です。

玉子とは食材の鶏卵

「玉子」は調理したニワトリのたまごを表すときに使う漢字です。この漢字を使用するのは鳥類のたまごに限定され、調理の有無に関わらず「魚の玉子」とは表しません。

同じ鳥類では、うずらのたまごも料理に使われることがありますね。このたまごをどう表すかについて明確な決まりはありませんが、ショッピングサイトで水煮と味付けたまごを調べたところ、大多数が「卵」または「たまご」の記載でした。大手検索エンジンのYAHOO!JAPANやGoogleで「うずらの玉子」と検索すると、自動的に「うずらの卵」と変換して検索されます。このことからも、「玉子」は調理済みの鶏卵に使用するのが無難でしょう。

「たまご焼き」「医者のたまご」はどちらか

「たまご焼き」はすでに調理済みなので「玉子焼き」と表すのが主流です。しかし、レシピによっては「卵焼き」と表記している場合もあり、厳密に決められているものではありません。同様にゆで卵や卵丼という書き方をしたレシピもあります。

「医者のたまご」など、ある職業の見習いの状態を「たまご」という言い方をしますね。これはまだ未熟で一人前ではないことを示唆していますが、後に成長して殻を破ることから「卵」と表記します。この場合に「玉子」は使いません。

\次のページで「卵と玉子の漢字の由来」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: