この記事ではビールと発泡酒の違いについてみていきます。お酒をよく飲む人の中にも、自信をもってビールと発泡酒の違いを言える人は少ないんじゃないか?

でも飲みの席などでお酒の話になったとき、ビールと発泡酒の違いが分からないことは知られたくないよな。

ビールも発泡酒も、原料に麦芽やホップが使用されているが、その使用率や使える副原料が違うそうです。今回はお酒好きライターのishkaと一緒に両者の違いを勉強して、堂々と周りに説明できるようになるぞ!

ライター/ishka

会社員兼WEBライター兼音楽クリエイター。大学生の頃にビールののどごしに魅了され、以来様々なジャンルのビールを嗜んでいる。仕事終わりに飲む一杯が今の楽しみ。

ビールと発泡酒の違いはざっくりこんな感じ!

image by iStockphoto

まずは、ざっくりとビールと発泡酒の違いをみていきましょう。以下に「麦芽比率」「副原料」「酒税」「カロリー」「味わい」「販売時の表記方法」についてまとめております。

ビールは麦芽比率が高くコクのある味わい

以下がビールのざっくりとした特徴になります。ビールの大きな特徴といえば、麦芽比率(原材料における麦の割合)が高く、コクのある味わいがあるということです。

◆ビール
・麦芽比率が50%以上
・使用可能な副原料が決まっている
・酒税は一律77円(2021年時点)
・カロリーは約140〜170kcal(350ml)
・コクと特有の苦味がある
・パッケージに「◯◯ビール」や「ビール」と表記される

発泡酒は麦芽比率が低くサッパリとした味わい

続いて発泡酒のさっくりとした特徴です。発泡酒はビールに比べて麦芽比率が低いことが多いので、サッパリとした味わいが特徴になります。

◆発泡酒
・麦芽比率が50%未満
・麦芽比率が50%以上の場合でも、ビールには使えない副原料を使用したもの
・使用できる副原料に制限がない
・酒税は麦芽比率で変わる(2021年時点)
 →麦芽比率50%以上は77円
 →麦芽比率25%以上50%未満は62円
 →麦芽比率25%未満は47円
・カロリーは約70〜170kcal(350ml)
・ビールよりもコクや苦味は薄め
・パッケージに「発泡酒」と表記される

\次のページで「まずは酒税法をおさえよう!」を解説!/

まずは酒税法をおさえよう!

image by iStockphoto

ビールと発泡酒のざっくりとした違いがわかったところで、ここからはさらに詳しくみていきましょう!ビールと発泡酒の違いを理解するにあたってまず知っておきたいのが、「酒税法」です。

法律と聞くと一見難しそうですが、ここではビールと発泡酒の違いを知るために必要な部分にフォーカスして解説していきます!

酒税法をさくっと説明!

酒税法について、さくっと解説いたします。

酒税法とは、お酒の種類の定義や、お酒を販売するにあたってかかる税金を取り決めている日本の法律です。お店で売られているお酒がビールなのか発泡酒になるのか、またそのお酒にかかる税金(酒税)はいくらになるのかは、この酒税法によって決められています。

ビールと発泡酒の違いを知るためには、酒税法で定められている「麦芽比率」「副原料」について理解することが大事です。次で詳しく解説していきます。

麦芽比率と副原料を理解すればOK!

ビールと発泡酒の違いを知るために必要な「麦芽比率」「副原料」について学んでいきましょう!ここを押さえておけば、ビールと発泡酒の違いが理解しやすくなります。

以下に麦芽比率と副原料の説明をまとめました。

<麦芽比率>
水・ホップ・酵母を除いた原材料のうち、麦芽がどれくらいの割合を占めているかを表す数値。
例)水・ホップ・酵母を除く原材料のうち、麦芽が60%でその他原料が40%の場合、麦芽比率は60%

<副原料>
ビールや発泡酒の基本原料である麦芽・ホップ・水・酵母以外の原料。代表的な副原料には、米・コーン・スターチなどがある。様々な副原料を加えることで、味のバリエーションを広げることができる。

ビールと発泡酒の定義

image by iStockphoto

酒税法や麦芽比率、副原料を学んだところで、ここからビールと発泡酒の定義をみていきましょう!実は日本では、ビールと発泡酒の定義が法律で明確に定められているんです。麦芽比率使用できる副原料によって、両者は区別されておりますので、詳しく解説していきます!

ビールの定義は、麦芽比率50%以上で指定の副原料が使用されていること!

まずは、ビールの定義からです。以下が法律で定められているビールの定義になります。

\次のページで「発泡酒の定義は、ビールの定義から外れるもの!」を解説!/

<ビールの定義>
・アルコール度数が20度未満
・麦芽、ホップ及び水を原料とし、発酵させたもの
・麦芽比率が50%以上
・指定された副原料を使用している
・副原料の総重量が使用している麦芽の重量の5%範囲内
(酒税法3条12号より)

また、ビールは使用できる副原料が決まっており、以下になります。

<ビールに使用できる副原料>
●麦、米、コーン、こうりやん、ばれいしょ、スターチ、糖類、苦味料、着色料(カラメル)
●果実(ドライフルーツも可)
●コリアンダー
●香り付けや味付けのために使用するもの
・香辛料
・ハーブ
・野菜
・そばやごま
・蜂蜜、食塩、みそ
・花
・茶
・コーヒー、ココア
・かき、こんぶ、わかめ、鰹節

発泡酒の定義は、ビールの定義から外れるもの!

続いて発泡酒の定義です。以下が発泡酒の定義になります。

<発泡酒の定義>
・アルコール度数が20度未満
・麦芽、ホップ及び水を原料とし、発酵させたもの
・麦芽比率が50%未満
・麦芽比率が50%以上の場合でも、ビールには使えない副原料を使用したもの
・麦芽比率が50%以上で、ビールに使える副原料を使用している場合でも、その副原料の総重量が麦芽の重量の5%を超えているもの
(酒税法3条12号より)

ビールと発泡酒の味わいはどう違うか

image by iStockphoto

ビールと発泡酒の、定義上の違いが分かりましたね。次にビールと発泡酒の味わいについて解説していきます。メーカーや種類によっても様々なのですが、ビールはコク苦味が強く、発泡酒はビールほどコクや苦味がなく、サッパリしているものが多いです。

\次のページで「ビールはコクと特有の苦味が特徴」を解説!/

ビールはコクと特有の苦味が特徴

ビールの味わいの特徴といえば、やはりコクとクセになる苦味です。麦芽の使用量が多いビールは味が濃く、深みがあります。またのどごしの良さも、ビールの醍醐味ですね。仕事おわりなどにグビッと飲む一杯は格別です。

味が濃いことから男性に人気が高いビールですが、最近では女性の方でも好んで飲まれる方が増えているそうですよ!

幅広い味わいがあるのは発泡酒!

発泡酒の特徴は、サッパリとした口当たりです。ビールに比べて使用されている麦芽の量が少ないため、コクが苦味は少し薄めですね。そのおかげで、軽やかな味わいを楽しむことができます。

また、幅広い味を楽しめるのも、発泡酒の良いところ。ビールには使用されない副原料を取り入れることができるので、様々な味を楽しめます。製造にあたっての制約が少ないので、自分好みのお酒を見つけやすいのもポイントです。

サッパリとした味わいの発泡酒は、女性の人気が高いですね。他にも、ビールを飲めるようになるためにまずは発泡酒から慣れていくという方も多いようです。

カロリーに違いはあるの?

image by iStockphoto

最後に、ビールと発泡酒のカロリーについて見ていきます。ダイエット中の方や、最近お腹周りが気になるという方は、ビールや発泡酒を選ぶ際に、カロリーが気になりますよね。実際比較してみると、ビールと発泡酒ではカロリーの差はほとんどありません

「発泡酒の方が低カロリーのイメージがあるけど」という方も多いと思いますが、必ずしも発泡酒はビールよりカロリーが低いとは言えないんです。350mlあたりのカロリーはビールが約140〜170kcal発泡酒は約70〜170kcalとなります。

なぜ発泡酒はカロリーが低いものがあるのかというと、製造工程でを取り除く作業をしているから。ビールに糖質オフの種類がないのは、糖を取り除くと味が薄くなり、ビールの醍醐味であるコクが無くなってしまうためなんです。

カロリーが気になるという方は、ビールよりも糖質オフの発泡酒がオススメですね!

自分に合ったお酒を見つけて楽しもう!

ビールと発泡酒は、一見似ているようで、定義も味わいも異なるお酒です。最近だと各メーカーから様々な種類のビールや発泡酒が販売されていますので、自分に合ったお酒を見つけて楽しめると良いですね!

しかし、お酒は飲みすぎると身体に影響を及ぼしてしまう飲み物です。休肝日を設けるなど、適切にお酒を楽しんでいただけたらと思います。

" /> 【3分わかりやすく解説】今さら聞けないビールと発泡酒の違い!定義は何?味はどう違う?ビール好きライターが徹底わかりやすく解説! – Study-Z
雑学食べ物・飲み物

【3分わかりやすく解説】今さら聞けないビールと発泡酒の違い!定義は何?味はどう違う?ビール好きライターが徹底わかりやすく解説!

この記事ではビールと発泡酒の違いについてみていきます。お酒をよく飲む人の中にも、自信をもってビールと発泡酒の違いを言える人は少ないんじゃないか?

でも飲みの席などでお酒の話になったとき、ビールと発泡酒の違いが分からないことは知られたくないよな。

ビールも発泡酒も、原料に麦芽やホップが使用されているが、その使用率や使える副原料が違うそうです。今回はお酒好きライターのishkaと一緒に両者の違いを勉強して、堂々と周りに説明できるようになるぞ!

ライター/ishka

会社員兼WEBライター兼音楽クリエイター。大学生の頃にビールののどごしに魅了され、以来様々なジャンルのビールを嗜んでいる。仕事終わりに飲む一杯が今の楽しみ。

ビールと発泡酒の違いはざっくりこんな感じ!

image by iStockphoto

まずは、ざっくりとビールと発泡酒の違いをみていきましょう。以下に「麦芽比率」「副原料」「酒税」「カロリー」「味わい」「販売時の表記方法」についてまとめております。

ビールは麦芽比率が高くコクのある味わい

以下がビールのざっくりとした特徴になります。ビールの大きな特徴といえば、麦芽比率(原材料における麦の割合)が高く、コクのある味わいがあるということです。

◆ビール
・麦芽比率が50%以上
・使用可能な副原料が決まっている
・酒税は一律77円(2021年時点)
・カロリーは約140〜170kcal(350ml)
・コクと特有の苦味がある
・パッケージに「◯◯ビール」や「ビール」と表記される

発泡酒は麦芽比率が低くサッパリとした味わい

続いて発泡酒のさっくりとした特徴です。発泡酒はビールに比べて麦芽比率が低いことが多いので、サッパリとした味わいが特徴になります。

◆発泡酒
・麦芽比率が50%未満
・麦芽比率が50%以上の場合でも、ビールには使えない副原料を使用したもの
・使用できる副原料に制限がない
・酒税は麦芽比率で変わる(2021年時点)
 →麦芽比率50%以上は77円
 →麦芽比率25%以上50%未満は62円
 →麦芽比率25%未満は47円
・カロリーは約70〜170kcal(350ml)
・ビールよりもコクや苦味は薄め
・パッケージに「発泡酒」と表記される

\次のページで「まずは酒税法をおさえよう!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: