国語言葉の意味

【慣用句】「裏を返す」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「裏を返す」について解説する。

端的に言えば裏を返すの意味は「同じことをもう一度する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んだ。一緒に「裏を返す」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ngs1224

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「裏を返す」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 34872881

それでは早速「裏を返す」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「裏を返す」の意味は?

「裏を返す」には、次のような意味があります。

1.遊里で、初めて買った遊女を二度目に来てまた買い、遊興する。また転じて、同じことをもう一度する意にもいう。
2.(「裏を返せば」の形で)逆の見方をすれば。本当のことを言えば。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「裏(うら)を返す」

「裏を返せば」の形であれば聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。少し難しいかもしれませんが、例文を見ながら使い方をマスターしましょう!

「裏を返す」の語源は?

次に「裏を返す」の語源を確認しておきましょう。

1の意味は、遊郭で遊女を指名するとき、その遊女の名前が書かれた札を裏返していたことからきています。当時の江戸吉原では一度決めた遊女を変えてはいけないというしきたりがあったようで、同じ遊女を指名することを「裏を返す」と言うようになったとのことです。そこから転じ、同じことをもう一度することも「裏を返す」と言うようになりました。

また、2の意味は裏表のあるものをひっくり返してみれば、というところからきているようです。

「裏を返す」の使い方・例文

「裏を返す」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.裏を返して芸者遊びをする。

2.今日も昨日と同じ方法で裏を返す。

3.欠点も裏を返せば美点になる。

3つの例文はそれぞれ意味の違う「裏を返す」が使われています。1は本来の意味、2はそこから転じた同じことをもう一度するという意味、3は逆の見方をすれば、本当のことを言えば、の意味で使われていますよ。読み比べてみましょう。

次のページを読む
1 2
Share:
ngs1224