雑学食べ物・飲み物

ブランデーとウイスキーの違いは原料と製造工程にあり!?糖質・カロリーは高い?雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

ウイスキーとは?

ウイスキーとは一般的に大麦やライ麦などの穀類を原料とし、糖化・発酵・蒸留を行って作った「蒸留酒」のことを指し、さらに木製の樽に貯蔵して熟成されているものことを言います。

ブランデーとウイスキーの違いは原料と製造工程にあり!

image by iStockphoto

ブランデーとウイスキーの定義は確認できましたでしょうか。ここからは、両者の違いについて解説していきます。

1. 原料の違い:ブランデーは「果実」、ウイスキーは「穀物」

ブランデーとウイスキーの違いにはまず原料が挙げられます。ブランデーは白ぶどうなどの「果実」ウイスキーは大麦やライ麦などの「穀物」を原料とする蒸留酒です。

2. 製造工程の違い:ウイスキーはデンプンと糖化させる必要あり!

ウイスキー・ブランデーを製造する際には、ともに原料に含まれる糖分をアルコールに変換させる必要があります。ですが、穀物を原料とするウイスキーは果実を原料としているブランデーと比較しその糖分量が少ないため、穀物に含まれるデンプンを糖に変換する必要がある。以上の点がウイスキー・ブランデーの製造工程の違いです。

ブランデーとウイスキーの特徴

image by iStockphoto

ブランデーとウイスキーの違いは、その原料と製造工程にあります。では、両者にはどんな特徴があるのか以下確認していきましょう。

ブランデーの特徴:フルーティーな香り

ブランデーは果実を原料としているため、フルーティーな香りが大きな特徴。また、クセが少なく甘さがあるためストレートで飲むのが一般的です。ウイスキーのようにロックやハイボールとして飲むのようなことはあまりありません。

\次のページで「ウイスキーの特徴:重厚な旨味」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: