雑学食べ物・飲み物

ブランデーとウイスキーの違いは原料と製造工程にあり!?糖質・カロリーは高い?雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

今回は「ブランデー ウイスキー」の違いについて解説していきます。
ともに蒸留酒に分類されるお酒ですが、その違いを把握しているか?結論を言えば、両者の違いは原料と製造工程にある。
そこで今回は「ブランデー ウイスキー」の原料・製造工程について雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していきます。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

ブランデーとウイスキーそれぞれの定義とは

image by iStockphoto

見た目にはそう違いがないブランデーとウイスキー。どちらも蒸留酒に分類されるお酒ですが、みなさんは両者の違いはご存知でしょうか。以下では、蒸留酒についてと両者について詳しく解説していきます。

ブランデーもウイスキーも蒸留酒の仲間!

お酒はそもそもその製造方法により「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3種に分類される。醸造酒とは穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させて作ったお酒、蒸留酒はその醸造酒をさらに蒸留させて作ったお酒のことを言い、ブランデーとウイスキーはこの「蒸留酒」にあたります。また「混成酒」は、以上のお酒に果実や香料などを加えたお酒です。

ブランデーとは?

ブランデーとは主に酸味の強い白ぶどうから作られるワインを蒸留したもので、その名はフランス西部のコニャック地方でワインを蒸留したものを「焼いたワイン(Vin Brûlé)」と呼んでいたことに由来している。現在では、白ぶどう以外にも、りんごやさくらんぼなどその他の果実を原料としているものもあります。

\次のページで「ウイスキーとは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: