国語言葉の意味

【慣用句】「昼夜を分かたず」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師ライターがわかりやすく解説!

この記事では「昼夜を分かたず」について解説する。

端的に言えば昼夜を分かたずの意味は「絶えず」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役のオンライン塾講師でライターのななを呼んです。一緒に「昼夜を分かたず」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/なな

現役のオンライン塾講師であり、現在はライターとしても活動している。作文の添削をする際にひたすら辞書を引いた経験から、正しい日本語について常に考えるようになった。日本語の奥深さを伝えたいという熱い思いをもっている。

「昼夜を分かたず」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「昼夜を分かたず」の意味や使い方を見ていきましょう。

「昼夜を分かたず」の意味は?

「昼夜を分かたず」には、次のような意味があります。

昼夜の区別をしないで。絶えず。「ー研究に励む」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「昼夜を分かたず」

「昼夜を分かたず」の読み方は「ちゅうやをわかたず」で、「昼、夜にかかわらず絶えず」という意味を表す慣用句です。本来なら昼に活動して夜には休むものなのに、その区別をせず物事を行うさまを表しているのですね。

「昼夜を分かたず」の使い方・例文

「昼夜を分かたず」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「昼夜を分かたず」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: