国語言葉の意味

【慣用句】「手がこむ」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手がこむ」について解説する。

端的に言えば手がこむの意味は「手間がかかっている」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んだ。一緒に「手がこむ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ngs1224

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「手がこむ」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 32078018

それでは早速「手がこむ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手がこむ」の意味は?

「手がこむ」には、次のような意味があります。

手間がかかっている。物事が複雑である。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)が込む」

聞いたことのある表現ではないでしょうか?ここでより理解を深めていきましょうね。

「手がこむ」の語源は?

次に「手がこむ」の語源を確認しておきましょう。

「手」には行為という意味も含まれます。「こむ」には複雑に入り組む、精巧であるなどの意味があり、この二つが合わさって出来ているのです。

「手がこむ」の使い方・例文

「手がこむ」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.帰省するたびに、母は手がこんだ料理を作ってくれる。
2.なんとも手がこんだ芝居だ。
3.事件はなかなか手がこんだ状態になっている。

1の例文は手間がかかっているという意味です。3の例文は物事が複雑であるという意味で使われています。2の例文はどちらともとれますね。手がこんだ〇〇といった使い方が一般的です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「手がこむ」について少し理解できてきたか?次は類義語や対義語、英訳なんかを見ていくぞ。

「手がこむ」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 49762226

「手がこむ」の類義語にはどんなものがあるでしょうか。早速見ていきましょう!

次のページを読む
1 2 3
Share:
ngs1224