雑学食べ物・飲み物

おじや・雑炊・おかゆの違いは作り方にあり!?リゾットとの違いは?名前の由来とともに雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

見た目で分かる「おじや 雑炊 おかゆ」

「おじや 雑炊 おかゆ」は、作り方の違いから見た目での判断も可能。生米から炊く「おかゆ」は、米と水が基本的な材料な為、お米本来の白さが際立つのが大きな特徴です。対して「おじや」「雑炊」は、味噌や醤油、具材などの色味が入るため白さはありません。また「おじや」「雑炊」の仕上がりの違いはとろみにあり、よりとろっとしているのが「おじや」、さらさらとしているのが「雑炊」になります。

リゾットとの違いは?

image by iStockphoto

ご飯を煮込んで作る料理としては「リゾット」も挙げられる。リゾットはイタリア料理を代表する米料理であり、「おじや 雑炊 おかゆ」との違いはその作り方にあります。リゾットは、お米を研がずにバターやオリーブオイルで炒め、スープや白ワインで炊き上げるのが大きな特徴。まとめると、リゾットはお米を炒めるという点で「おじや 雑炊 おかゆ」と異なります。

「おじや 雑炊 おかゆ」の名前の由来は?

image by iStockphoto

「おじや 雑炊 おかゆ」の違いがその作り方にあることがわかりましたね。以下では、それぞれの名前の由来を解説していきます。

おじやの由来:「ジャジャ(じやじや)」「olla(オジャ)」→「おじや」!?

「おじや」の由来は諸説あります。まず1つに、お米を煮るときの「ジャジャ(じやじや)」という音に接頭語である「お」をつけ呼ぶようになったということ。また、「鍋料理」や「煮込み料理」を意味するスペイン語「olla(オジャ)」に由来するという説も挙げられています。

雑炊の由来:「増水」→「雑炊」

結論、雑炊の由来は「増水」にあるそう。古くはご飯に水を入れて量を増したものを「増水」と呼んでおり、それが時を経て野菜や魚介類など様々な具材を加えるようになったことから「雑炊」となったそうです。

おかゆの由来:「粥」

おかゆは漢字で「お粥」であり、由来というよりかは漢字そのもの。「粥」は、米や麦などの穀物や豆類、芋類などを多めの水で柔らかく煮た料理のことを言い、おかゆは粥に接頭語である「お」をつけたものになります。

\次のページで「「おじや 雑炊 おかゆ」を食する効果は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: