国語言葉の意味

【慣用句】「腸を断つ」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「腸を断つ」について解説する。

端的に言えば腸を断つの意味は「断腸の思いをする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んです。一緒に「腸を断つ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「腸を断つ」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 44043219

それでは早速「腸を断つ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「腸を断つ」の意味は?

「腸を断つ」には、次のような意味があります。

1.悲しみに激しく心が痛む。断腸の思いをする。
2.おかしくて大笑いする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「腸(はらわた)を断つ」

二つの意味がある慣用句です。しかも真逆の意味になるので注意して使いましょう!

「腸を断つ」の語源は?

次に「腸を断つ」の語源を確認しておきましょう。

1の意味に関しては、「腸」にはこころという意味があることが由来しています。こころが断たれるほどのつらさからきているのです。2の意味に関しては、大腸や小腸の総称という意味からきています。笑いすぎるとおなかが痛くなりますよね。それを腸がまるで断たれているようだと表現しているわけです。

「腸を断つ」の使い方・例文

「腸を断つ」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.今日、腸を断つ気持ちで祖母とお別れした。
2.イグノーベル賞の発表で腸を断つ。

1の例文のように体言を後ろに持ってくる形でも使えます。

\次のページで「「腸を断つ」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: