国語言葉の意味

【ことわざ】「親の臑を噛る」の意味や使い方は?例文や類語を漢検準一級ライターがわかりやすく解説!

この記事では「親の臑を噛る」について解説する。

端的に言えば親の臑を噛るの意味は「子が自立できず親に養われている」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

漢検準一級を保有しており言葉に詳しいたきじを呼んです。一緒に「親の臑を噛る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/たきじ

国立大学卒、漢検準一級保有のライター。高校時代の得意科目は国語と英語。漢字の意味やことわざ、熟語が好きで新しい言葉を覚えるのが得意。

「親の臑を噛る」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 42142646

日常生活でもよく見聞きする「親の臑を噛る」ということわざ。漢字にすると難しいですが広く使われていることわざですよね。なんとなく意味をご存知の方も多いと思いますが、より詳しく解説していきます。それでは早速「親の臑を噛る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「親の臑を噛る」の意味は?

「親の臑を噛る」には、次のような意味があります。

1.子が自立できないで、親に養われている。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「親の脛を齧る」

「親の臑を噛る」の読み方は「おやのすねをかじる」です。「臑」(すね)、「噛る」(かじる)ともに難しい漢字で、「臑」は「脛」、「噛る」は「齧る」とも表現されることがあるのでできればどちらも覚えておきましょう。自立できずに親に養われている子を表すことわざですが、特に経済的に親の財産をあてにして独立できずにいることを表現するときに用いられます。

「ニート」や「パラサイトシングル」などという言葉も有名ですが基本的な意味は同じです。「親の臑を噛る」は経済的に親に依存しているという意味合いがあるので覚えておきましょう。

「親の臑を噛る」の語源は?

次に「親の臑を噛る」の語源を確認しておきましょう。

「臑」とは古くから労働によって金を生み出す元という象徴的な意味を持つ言葉とされており、その「臑」を子どもが「噛る」ことで親に支えられていることを表現しています。古い言い方で「すね一本、腕一本」という言葉がありますが、「すね」は歩き回る足、「腕」は仕事をする腕をそれぞれ表しており、どちらもお金を稼ぐ道具として使われていたのです。

\次のページで「「親の臑を噛る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: