体の仕組み・器官理科生物

「体性反射」とはどんなもの?反射の具体例も合わせて現役講師がわかりやすく解説します

今回は「体性反射」というキーワードを軸に学習していこう。

体性反射は、我々の身体でもよく見られる”反射”という反応の一種です。聞きなれない用語かもしれないが、この記事を読めばすっきり理解できるでしょう。自分自身の身体で見られる反応も意識しながら見ていってほしい。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

体性反射

体性反射(たいせいはんしゃ)とは、動物にみられる反射の中でも、筋肉(骨格筋)の収縮が引き起こされる反射のことをいいます。

端的にいってしまえば、「意志に反して身体が動くような反射」です。

体性反射それ自体について詳しく解説する前に、まずは生物の「反射」という現象について確認しておきましょう。

反射とは?

生物学において反射とは、ある特定の刺激によって引き起こされる、無意識の反応のことをいいます。

”無意識の反応”というところが大きなポイントです。反射という反応は生理的なものであり、基本的には自らの意志でコントロールできるものではありません。

残念ながら、虫にみられる光への反応などは、反射に含まれないことが多いんです。

繰り返しになりますが、反射は”無意識の反応”。ある生き物が刺激に対して何か反応を示したとき、それが「無意識かどうか」というのは、判断が難しいですよね。

逆にいえば、その生き物が「意識して行動を行うことがある」という前提がないと、”無意識の反応”というポイントが無意味になってしまいます。

image by iStockphoto

一般的に、”反射”という言葉が使われるのは、「意識がある(であろう)」と考えられている脊椎動物に対してです。昆虫や、ゾウリムシのような原生生物、植物などに対しては”反射”という言葉を用いず、反応の種類によって”走性”や”屈性”などの単語を使います。

\次のページで「反射と神経」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: