文化・歴史暮らし雑学

振袖と着物の違いは?振袖は未婚女性だけのもの?着付けのルールや帯の特徴・成人式との関係などを和装好きライターがくわしくわかりやすく解説

振袖は未婚だけ?年齢的には?振袖と着物の着用ルール

誰でも着られる着物と違い、振袖は未婚女性が着るものというイメージです。では、成人式の時にすでに結婚している女性が振袖を着るのはダメなのでしょうかなのでしょうか?ここでは、曖昧で分かりにくい振袖と着物の着用ルールについて掘り下げてみます。

未婚女性が着るのが一般的な振袖

古くから振袖は「未婚女性が着るもの」「若い女性向けのもの」という暗黙のルールがあります。ただし成人式の時だけは、すでに結婚している女性でも振袖を着ることが多いようです。では逆に、独身女性が振袖を着られるのは何歳までなのでしょうか?実は年齢的なものに明確な決まりはありませんが、一般的には30代位までの女性が着るものとされています。

色柄により年代を問わない着物

振袖と違って、着物は未婚・既婚に関係なく誰でも着ることができます。その場に合わせた格のものを着ることは大切ですが、ルールさえ守れば好きなデザインのものを選んで大丈夫。色柄によって幅広い年代の女性がおしゃれを楽しめる点も着物の魅力です。

袖の長さの違いには愛情表現の意味が?

振袖と着物の袖の長さの違いには、愛情表現にまつわるロマンティックな意味が込められています。日本人女性の奥ゆかしい愛情表現を見ていきましょう。

女性からの好意を伝える振袖の袖

江戸初期、踊り子たちが袖の長い着物を着用し、舞台上で愛情表現として袖を振る演技が流行しました。当時、女性から男性への好意を露骨に伝えることはご法度です。それゆえ若い女性が踊り子たちの演技を真似て、着物の袖を振って愛情表現したと言われています。このことから、振袖は未婚女性のものという認識が広まりました。

\次のページで「夫への想いを込めた着物の袖」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: